大阪府吹田市で傷害致死事件 父親の楢崎淳二容疑者が次男に暴行を加え死なせた疑いで逮捕

大阪府吹田市で傷害致死事件 父親の楢崎淳二容疑者が次男に暴行を加え死なせた疑いで逮捕

大阪府吹田市佐竹台の自宅マンションの一室で昨年10月、生後1ヶ月の次男に暴行を加えるなどして搬送先の病院で2週間後に死なせた疑いで父親の楢崎淳二容疑者が傷害致死容疑で逮捕される事件がありました。逮捕された父親は逮捕前の任意での調べに対して暴行を否定する供述をしていた。

搬送先の病院で2週間後に死亡した次男・楢崎陸ちゃんは事件当時、逮捕された楢崎淳二容疑者と2歳の長女と一緒に居て、暴行を受けて死亡した可能性が高いことなどから父親が暴行を加えたと判断。事件から1年以上が経った8月1日に傷害致死容疑で逮捕されました。

以下、吹田市佐竹台の自宅で生後1ヶ月の次男に暴行を加えた疑いで30歳の父親が逮捕された事件に関する詳細です。

生後1ヶ月の次男に暴行・虐待加え死なせた疑い、楢崎淳二容疑者を傷害致死容疑で逮捕

生後間もない次男に暴行を加え2週間後に搬送先の病院で死なせた疑いで30歳の父親が逮捕されたこの事件は、昨年10月3日の午後1時半頃に大阪府吹田市佐竹台の自宅マンションでアルバイト・楢崎淳二容疑者(30)が生後1ヶ月の次男・楢崎陸ちゃんに暴行を加え、治療を受けていた病院で約2週間後に死なせた疑いがもたれている事件。

事件当時、逮捕された父親の楢崎淳二容疑者は死亡した陸ちゃんと2歳の長女と3人で自宅に居て、容疑者が自ら消防に通報していました。

暴行を受けた陸ちゃんは病院に搬送されましたが約2週間後の15日に死亡が確認され、急性硬膜下血腫や眼底出血のケガを負わせた疑いがもたれている。司法解剖を行なったところ、遺体に目立った外傷はなく複数の専門医が強く揺さぶられたことで脳が損傷する「揺さぶられっ子症候群」とみられると診断したことから警察が捜査を開始。

当時、楢崎淳二容疑者の妻と8歳の長男は外出しており部屋の中に居たのが父親と長女だけだったことから、次男に暴行を加えたのは父親の楢崎淳二容疑者だと判断。捜査を進めていた大阪府が8月1日に傷害致死容疑で逮捕しました。

楢崎淳二容疑者は逮捕前の任意聴取では「暴行を加えていない」と否定した上で「手をあげたことは一度もない」などと話していたということです。

現在、8歳の長男と2歳の長女は大阪府内の施設に保護されています。

大阪府吹田市で傷害致死事件 父親の楢崎淳二容疑者が次男に暴行を加え死なせた疑いで逮捕

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。