小田急線 海老名駅が大雨で雨漏り発生 ホームなど駅構内に雨水が溢れ出し現場騒然 一時運転を見合わせ

小田急線 海老名駅が大雨で雨漏り発生 ホームなど駅構内に雨水が溢れ出し現場騒然 一時運転を見合わせ

神奈川県海老名市の小田急線・相鉄線の駅「海老名駅」で8月1日午後2時過ぎ、局地的に激しい大雨に見舞われた海老名駅の構内で天井から雨漏りしたり地面から雨水が溢れ出るなどの被害が出ています。小田急線では一時、大雨の影響で運転を見合わせましたが午後3時20分頃に運転を再開しています。

ツイッターに投稿された海老名駅構内を撮影した動画では天井から水が激しく雨漏りしている様子や駅員の方が対応にあたる様子などが映っていますが、駅構内が水浸しになっているのが確認出来ます。

以下、小田急線・相鉄線の海老名駅が大雨の影響で雨漏りした出来事に関する現場の映像や写真などです。

大雨の影響で小田急線・相鉄線の海老名駅で雨漏り発生、駅構内に水が溢れるなどの被害

局地的な大雨(ゲリラ豪雨)の影響で雨漏りしたこの騒動は8月1日午後2時過ぎ、神奈川県海老名市の小田急線・相鉄線「海老名駅」構内の天井から雨漏りし水浸しとなったものです。他にも電車が発着するホームでも激しい雨がホームに入り込むなどしたものです。

大雨で駅構内が雨漏りしている現場に居合わせた複数の方がツイッターに投稿した雨漏りしている動画や写真が投稿されたことで話題を集め、局地的な激しい雨に見舞われていることが判明。

海老名駅がある神奈川県では1時間に120ミリの大雨が降るなど猛烈な雨が降り、湿った空気や上空の気圧の谷などの影響で広範囲で大気の状態が不安定になっていて、神奈川県など関東地方で局地的に雨雲が発達し大雨を降らせています。

他にも海老名市を流れる「目久尻川」では午後3時過ぎに氾濫の恐れがある「氾濫危険水位」を超えるなどしました。

小田急線では大雨の影響で相武台前駅と海老名駅間での運転を見合わせていましたが、午後3時20分頃に運転を再開しましたが、現在も列車に遅れが出るなど影響が出ています。

小田急線・相鉄線 海老名駅の雨漏り、現場の動画や写真など

小田急線 海老名駅が大雨で雨漏り発生 ホームなど駅構内に雨水が溢れ出し現場騒然 一時運転を見合わせ

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。