甲斐市でダンプカー横転の事故、車内から覚せい剤発見=50代の男性運転手を覚せい剤所持の疑いで現行犯逮捕

甲斐市でダンプカー横転の事故、車内から覚せい剤発見=50代の男性運転手を覚せい剤所持の疑いで現行犯逮捕

11日午前11時半頃、山梨県甲斐市大垈の県道で大型ダンプカーが歩道に乗り上げた後、約20メートル暴走し民家の敷地に横転する事故が発生した。車内からは覚せい剤(覚醒剤)が見つかっており、ダンプカーを運転していた50代の男性運転手を覚せい剤所持の疑いで現行犯逮捕しました。逮捕されたのはスキンヘッドが特徴的な男性。

この事故は、10月11日午前11時半頃、甲斐市大垈の県道で大型ダンプカーが縁石に乗り上げ、歩道を約20メートル暴走した後、民家の敷地内に横転する事故があったというもの。事故が起きた現場周辺は住宅地で、近くには畑が多くある地域です。

事故が起きた当時、ダンプカーが横転したすぐ近くで子供が遊んでいたが、幸いにもけが人は出ませんでした。

近隣住民の方によると、横転したダンプカーは猛スピードで周辺を暴走し、白い煙を出して横転したという。事故後の調べで車内から覚せい剤が見つかり、運転手が覚せい剤所持の疑いで現行犯逮捕されているが、現在までに事故との関連については明らかになっていません。

しかし、事故当時の状況や運転手の供述などから、覚せい剤を使用したうえでダンプカーを運転していた可能性も高いとみて、覚せい剤使用の容疑も視野に詳しく調べる方針です。

逮捕された男性運転手が事故直前の状況を証言

車内から覚せい剤が見つかり、覚せい剤所持の疑いで逮捕された50代の男性運転手は以下のように話していたという。

・(横転事故の前)ジュースを取ろうと思ったのは覚えている
・気付いたらドーンと行っていた(事故を起こしていた)

事故現場となった県道にはトラックに積んでいた土砂が散乱してしまっている。

12日午前5時現在、逮捕された容疑者の名前や務めていた会社名は報じられていません。

山梨県甲斐市でダンプカー横転・現場の映像
(ダンプカー横転後の事故現場の様子)

ダンプカーが横転した事故現場と周辺地図

運転手が覚せい剤所持で逮捕された、ダンプカー横転の事故現場となったのは山梨県甲斐市大垈の県道上です。住宅街ということもあり、事故現場の近くでは子供数人が遊んでいましたが、けがはありませんでした。

山梨県甲斐市で覚醒剤所持のダンプが横転事故…Twitterの声

甲斐市の県道で車内に覚せい剤(覚醒剤)を積んだ大型ダンプカーが暴走した後、民家の敷地内で横転する事故が発生しました。

事故現場となった敷地内には大量の土砂が落ちてしまっており、幸いだったのはけが人がいなかったことでしょうか。

逮捕された運転手の名前や勤務先の会社名などは明らかになっていませんが、覚せい剤所持の疑いに加え、覚せい剤使用の疑いでも捜査が進められています。

甲斐市でダンプカー横転の事故、車内から覚せい剤発見=50代の男性運転手を覚せい剤所持の疑いで現行犯逮捕

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)