横網町公園殺人事件で山本亮容疑者を殺人容疑で逮捕 現金を奪った強盗殺人容疑で捜査

横網町公園殺人事件で山本亮容疑者を殺人容疑で逮捕 現金を奪った強盗殺人容疑で捜査

東京都墨田区横網2丁目の横網町公園で7月28日未明、公園内のベンチで寝ていた柳原英二さんが頭を鈍器で殴られ殺害される殺人事件がありましたが、同じ公園内で生活していた無職の山本亮容疑者が殺人容疑で逮捕されました。現金3000円を奪った金目当ての犯行だった可能性が高く、容疑を強盗殺人に切り替えて捜査を進めています。

殺人容疑で逮捕された山本亮容疑者は7月初めに勤務先の仕事を辞めて岩手県から上京していたが、金がなく事件現場となった横網町公園で寝泊まりしていました。逮捕容疑は公園内に置いてあった土台がコンクリート製の「保安灯」で頭を殴り殺害した上、現金を奪った疑いがもたれています。

以下、墨田区横網2丁目の横網町公園で柳原英二さんが殺害された強盗殺人事件と逮捕された山本亮容疑者に関する詳細です。

墨田区横網の横網町公園殺人事件で柳原英二さんを殺害した疑い、無職の山本亮容疑者を殺人容疑で逮捕

公園で寝泊まりするなど生活していた男性がベンチで寝ていたところを襲われ殺害されたこの殺人事件は7月28日未明、墨田区横網2丁目の都立横網町公園(よこあみちょうこうえん)のベンチで寝ていた柳原英二さん(70)が頭を鈍器で殴られ殺害された事件で、29日早朝に通行人の女性が頭から血を流して倒れている男性を発見し警察に通報し発覚。

警察が事件現場となった横網町公園の一帯を封鎖した上で詳しく調べ、現場や遺体の状況などから男性が頭を固い物で殴られ殺害された殺人事件と断定。犯行後に現場から逃走した犯人の行方を追っていましたが、31日に住所不定・無職の山本亮(やまもとりょう)容疑者(35)を殺人容疑で逮捕しました。

山本亮容疑者の逮捕容疑は27日夜、横網町公園の資材置き場に保管されたいた土台部分がコンクリートとなっている工事用の機材「保安灯」(重さ約5キロ)で公園のベンチで寝ていた柳原英二さんの頭を殴って殺害した殺人の疑いがもたれており、ポケットの中から現金3000円を奪った旨の供述をしていることからも容疑を強盗殺人に切り替えて捜査を進める方針。

逮捕された山本亮容疑者は7月初めてに勤務先の仕事を辞めて岩手県から上京しており、柳原英二さんと同様に横網町公園の中で生活を送っていたホームレス状態でした。警察の調べに対しては「腹が減って金がなかった」「誰でもいいから襲ってやろうと思っていた」と容疑を認める供述をしており、動機は金目当てだった可能性が高いとみてさらに追及する方針です。

逮捕に至った証拠は犯行に使われた保安灯の支柱から山本亮容疑者の指紋が検出され、容疑者の可能性があるとして捜査上に浮上していました。

頭を殴られ殺害された柳原英二さんの着衣:墨田区横網2丁目の横網町公園のベンチ
(頭を殴られ殺害された柳原英二さんの着衣:墨田区横網2丁目の横網町公園のベンチ)

横網町公園の強盗殺人事件で山本亮容疑者を殺人容疑で逮捕、金目当ての犯行だったとみて捜査

横網町公園殺人事件で山本亮容疑者を殺人容疑で逮捕 現金を奪った強盗殺人容疑で捜査

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。