江東区の横十間川で夜釣りの親子死亡事故 転落し流され下流の川底で遺体を発見

江東区の横十間川で夜釣りの親子死亡事故 転落し流され下流の川底で遺体を発見

東京都江東区猿江2丁目の横十間川(よこじっけんがわ)で7月31日未明、30日の午後8時頃から夜釣りに出掛けていた47歳の父親・高橋静磨さんと9歳で小学3年生の息子・高橋雪途さんが川に転落し下流の川底で遺体で発見される転落事故(死亡事故)がありました。午前2時過ぎに心配した男性の妻が様子を見に来て警察に通報していました。

横十間川を警察と消防が捜索したところ、夜釣りをしていた場所から約100メートル下流の川底から心肺停止状態で見つかり搬送先の病院で死亡が確認されました。警察が川に転落した原因について詳しく調べていますが、親子で夜釣りをしている最中に何らかの理由で転落した可能性が高い。

以下、江東区猿江2丁目の横十間川で夜釣りに来ていた親子が川に転落し死亡した事故に関する詳細です。

(7月31日午後0時頃に追記)

東京都江東区猿江2丁目の横十間川で親子の死亡事故、夜釣りに来て川に転落とみて捜査

川に夜釣りに来ていた親子が川に転落して死亡したこの転落事故は7月31日午前2時半頃、東京・江東区猿江2丁目の横十間川(よこじっけんがわ)で夜釣りに来ていた47歳の男性と9歳で小学校3年生の息子の2人が川底から心配亭状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された事故。

警察が身元確認を行なったところ、死亡したのは江東区海辺在住の蒲田消防署消防司令補・高橋静磨さん(47)と長男で小学3年生の高橋雪途さん(9)の親子と判明。

横十間川で死亡した親子2人は30日午後8時頃から夜釣りに出掛けており、帰宅しないことを心配した妻(子供の母親)が翌31日午前2時半頃に様子を見に行ったところ、夜釣りに出掛けた横十間川の遊歩道に釣り具や懐中電灯が残され2人の姿が見えないため「夜釣りをしていた夫と息子がいなくなった」と警察に通報があり事故が発覚。

警察と消防が出動して2人を捜索したところ、約4時間後の午前6時20分頃に釣りをしていた場所から約100メートル下流の川底で2人が沈んでいるのを発見したものです。

警察は2人が夜釣りをしている最中、何らかの理由で川に転落して死亡した転落事故の可能性が高いとみて、当時の状況などを詳しく調べています。死因は溺死の可能性が高いとみられている。

夜釣りに来ていた親子が死亡したのは東京都墨田区と江東区を流れる水深が約2メートルほどの横十間川の遊歩道で高さ約50センチメートルの柵がある川岸のテラス付近。江東区猿江2丁目のあたりで転落したとみられ、事故現場付近は普段から釣り人が多くいる場所だということです。

夜釣りに出掛けた親子が死亡した横十間川:東京都江東区猿江2丁目
(夜釣りに出掛けた親子が死亡した横十間川:東京都江東区猿江2丁目)

江東区の「横十間川」で夜釣りの親子が転落し死亡する事故発生…Twitterの声

江東区の横十間川で夜釣りの親子死亡事故 転落し流され下流の川底で遺体を発見

1 個のコメント


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。