大垣花火大会で爆発事故 二尺玉の花火が地上付近で爆発 花火大会が一時中断の騒ぎに

大垣花火大会で爆発事故 二尺玉の花火が地上付近で爆発 花火大会が一時中断の騒ぎに

岐阜県大垣市で7月29日夜に開催された大垣花火大会の会場で打ち上げ予定だった二尺玉の花火が地上近くで爆発する事故があり、花火大会の進行が約20分間にわたって中断する騒動となりました。打ち上げに失敗し爆発したのは打ち上がると直径約400メートルになる二尺玉の花火で、花火会場の観客の中にはかなりの衝撃と音を感じた方もいるということです。

以下、大垣花火大会で起きた二尺玉花火の爆発事故に関するこれまでに分かっている情報や現場動画・写真です。

岐阜県大垣市の大垣花火大会で二尺玉花火の打ち上げに失敗し地上付近で爆発する事故、ケガ人はおらず大会が一時中断される

全国各地で花火大会が開催される中、岐阜県大垣市で7月29日午後7時半頃から開催された「第61回 大垣花火大会」の会場で午後8時頃、打ち上げされる予定だった二尺玉の打ち上げ花火(打ち上げ後直径約400m)が打ち上げに失敗して地上付近の低空で爆発する事故がありました。

大垣花火大会の現地にいてその様子を撮影していた方々がツイッターに動画や写真を投稿したことで騒動が発覚。現地で待機していた消防団が出動するなど、大垣花火大会は約20分間にわたって中断されたとのことです。

また、目の前で爆発する瞬間を目撃していた観客の方は「花火が目の前で爆発した」「地面スレスレで爆発したと思ったら大会が中断された」「今まで打ち上げ失敗なんてなかったのでショック」といった声が寄せられています。

発表によると爆発事故が起きた大垣花火大会は大垣市東町地内揖斐川河畔付近から打ち上げられ、約3000発の打ち上げ数を予定。午後7時半から8時半頃までの約1時間の開催予定でしたが、一時中断したことを受け、全て打ち上がっていないとみられています。

この事故でケガ人は確認されていませんが、さらに詳しい続報や最新情報があれば追って更新していく予定です。

大垣花火大会で爆発事故発生、二尺玉の花火が地上付近で爆発し会場騒然…Twitterの声

大垣花火大会で爆発事故 二尺玉の花火が地上付近で爆発 花火大会が一時中断の騒ぎに

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。