千葉県君津市の小櫃川で水難事故 キャンプ場そばで川遊びをしていた子供2人と救助に入った女性が川に流され死亡

千葉県君津市の小櫃川で水難事故 キャンプ場そばで川遊びをしていた子供2人と救助に入った女性が川に流され重体

千葉県君津市向郷のかずさオートキャンプ場そばの小櫃川(おびつがわ)で7月28日昼前、キャンプ場を訪れ川遊びをしていた5歳の男の子と8歳の女の子が川に流される事故があり、助けようと川に入った59歳のキャンプ場管理人で専務取締役の永島より子さんも川に流され意識不明の重体でしたが病院で死亡が確認されました。男の子も意識不明となっており、病院で治療を受けています。

事故はオートキャンプ場のそばを流れる小櫃川で起きたもので、川に流された子供2人がライフジャケットを着用していたのかは不明で、事故が起きた当時、子供の両親らがどこにいたのかも公表されていません。

以下、君津市向郷のかずさオートキャンプ場そばの「小櫃川」で子供2人と大人の女性1人が川に流された水難事故に関する詳細です。

(7月29日午前0時頃に追記更新しました)

千葉県君津市向郷のオートキャンプ場そばの小櫃川で子供2人と管理人の女性が川に流され意識不明の重体

オートキャンプ場に遊びに来ていた5歳と8歳の子供が川に流され、助けに入った59歳の女性も流されてしまったこの水難事故は7月28日午前11時半頃、千葉県君津市向郷のかずさオートキャンプ場そばの小櫃川(おびつがわ)で子供5人が川遊びをしていたところ、船橋市から来ていた5歳の男の子と8歳の女の子の2人が川に流された事故。

小櫃川の側に居たキャンプ場管理人で専務取締役の永島より子さん(59)が子供の悲鳴を聞いて流された子供を見つけ、2人を助けようと川に入ったところ一緒に流されてしまい、男の子は近くにいた人に救助され、通報で駆け付けた消防が女の子と永島より子さんを救助して病院へ搬送。最後に流された59歳の女性が意識不明の重体でしたが病院で死亡が確認されました。

最初に8歳の女の子が約1メートルの深みにはまり、5歳の男の子が助けようとして溺れたとみられている。2人も病院へ救急搬送されましたが、意識不明の重体となっています。一方、女の子は無事で命に別状はないとみられています。

最初に流された子供2人は27日から3家族10人でオートキャンプ場を訪れており、事故が起きた当時は子供5人が小櫃川で遊んでいました。現場付近の水深は30センチ程度ですが、一部で1メートルに達する場所もあったということです。

警察が3人が流された経緯について当時の状況や流された原因について調べるなどしています。

事故が起きた小櫃川近くのキャンプ場は久留里駅の西側に位置する「かずさオートキャンプ場」とみられており、すぐ近くに千葉県立君津青葉高等学校や君津市立久留里中学校があり南にゴルフ場が点在している場所です。

3人が流される水難事故が起きたかずさオートキャンプ場そばの小櫃川:千葉県君津市向郷
(3人が流される水難事故が起きたかずさオートキャンプ場そばの小櫃川:千葉県君津市向郷)

千葉県君津市の小櫃川で子供2人とキャンプ場管理人の女性が川に流される事故発生…Twitterの声

千葉県君津市の小櫃川で水難事故 キャンプ場そばで川遊びをしていた子供2人と救助に入った女性が川に流され重体