墨田区の横網町公園で殺人事件 ホームレス男性がコンクリートで殴られ殺害される 殺人事件と断定し捜査

墨田区の横網町公園で殺人事件 ホームレス男性がコンクリートで殴られ殺害される 殺人事件と断定し捜査

東京都墨田区横網2丁目の「横網町公園」で7月28日早朝、公園内のベンチ下で住所不定の柳原英二さんが鈍器で頭を殴られ殺害された殺人事件があり、警察が遺体の状況などから殺人事件と断定した上で横網町公園の一帯に規制線を張って封鎖し、公園内で現場検証など鑑識活動を行い男性が殺害された経緯などについて捜査を進めています。

男性死体が見つかったベンチの近くには生活用品が積まれた自転車が置かれており、男性が移動しながら公園などで寝泊まりをするホームレスだった可能性が高い。

遺体の頭頂部には鈍器で殴られたような痕が見つかっており、近くに置かれていた土台がコンクリート製の保安灯で殴られ殺害されたとみられています。

警察のその後の捜査で同じく公園内で寝泊まりしていた無職・山本亮容疑者が殺人容疑で逮捕され、現金を奪ったことを供述していることから容疑を強盗殺人に切り替えて捜査が進められています。

以下、墨田区横網2丁目の横網町公園内で男性の死体が見つかった殺人事件に関する詳細です。

(7月31日午後2時頃に追記しました)

横網町公園殺人事件で山本亮容疑者を殺人容疑で逮捕 現金を奪った強盗殺人容疑で捜査

2017.07.31

東京都墨田区横網の横網町公園で殺人事件発生、70歳の男性が撲殺され遺体が見つかる

公園内で70歳代の男性遺体が見つかったこの事件は7月28日午前5時頃、東京都墨田区横網2丁目の都立横網町公園(よこあみちょうこうえん)のベンチの下で倒れている男性を通りがかった女性が発見し「人が倒れている」と警察に通報したことで発覚した事件です。

通報で駆け付けた警察官が公園内のベンチの下で顔から血を流して倒れている高齢の男性を発見。男性の身元は住所・職業不詳の柳原英二さん(70)で、現場で死亡が確認されました。

警察が柳原英二さんの遺体を詳しく調べたところ、頭に鈍器のようなもので殴られた痕があったことから殺人事件と断定。警視庁捜査1課が横網町公園の一帯を封鎖し公園内で現場検証(鑑識活動)を行なうなどして捜査を進めており、公園内や周辺には多くの警察関係者が集まっています。

殺害された柳原英二さんの死体はワイシャツにベージュのスラックス姿で服装に乱れはなかったということですが、頭頂部と額に固いもので殴られたような傷が見つかっている。

公園内には男性が乗っていたとみられる自転車があり、生活用品が積まれていたことから男性がホームレスだった可能性が高いとみられている。

遺体から数メートル離れた場所には工事現場などで使用する土台部分がコンクリート製の保安灯(高さ約90センチ、直径約20センチ、重さ約5キロ)が置かれており、保安灯からは柳原英二さんのものと思われる血痕が検出されたことから、この保安灯で殴り殺された可能性が高い。

犯行に使われたとみられる凶器の保安灯は事件現場の横網町公園の資材置き場に6本保管されていたうちの1本とみられ、柳原英二さんは公園内で撲殺され早朝に遺体で見つかったとみられています。

これまでに柳原英二さんの頭を殴って殺害した犯人が逮捕されたという情報はなく、男性を殺害後に逃走しています。

男性の死体が見つかった「都立横網町公園」は都営大江戸線・両国駅から北に約150メートル離れた公園内に東京都慰霊堂などがある公園で、周囲には両国国技館や安田学園中学・高校や同愛記念病院などがある場所です。

遺体で見つかった柳原英二さんの所持品など:東京都墨田区横網2丁目の横網町公園内
(遺体で見つかった柳原英二さんの所持品など:東京都墨田区横網2丁目の横網町公園内)

墨田区の横網町公園で殺人事件 ホームレス男性がコンクリートで殴られ殺害…Twitterの声

墨田区の横網町公園で殺人事件 ホームレス男性がコンクリートで殴られ殺害される 殺人事件と断定し捜査