福島県会津若松市花春町で住宅火災 焼け跡から親子の遺体が見つかり家主と中学2年の三男とみて身元確認

福島県会津若松市花春町で住宅火災 焼け跡から親子の遺体が見つかり家主と中学2年の三男とみて身元確認

福島県会津若松市花春町の住宅で7月27日未明、本島宜久さん宅の木造2階建て住宅から出火した火事・火災があり、焼け跡から家主の本島宜久さんと13歳の中学2年生の三男とみられる遺体が見つかりました。警察が身元確認を進めていますが、連絡が取れていないことから遺体の身元は2人の可能性が高いとみられています。

近所に住む人らが全焼した住宅から何かが破裂する音や爆発音を聞いていることから、家の中で何かが爆発して火が燃え広がった可能性が高いとみて、警察と消防が出火原因を調べています。

以下、会津若松市花春町の住宅で起きた住宅火災に関する詳細です。

福島県会津若松市花春町の本島宜久さん宅で住宅火災、焼け跡から2人の遺体見つかる

住宅から出火し木造2階建ての住宅が全焼したこの火事・火災は7月27日午前3時50分頃、福島県会津若松市花春町の無職・本島宜久(もとじまのぶひさ)さん(52)宅から出火したもので、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。

全焼した住宅には本島宜久さんの84歳の母親と52歳の妻、23歳の長男と中学2年で13歳の三男が5人で暮らしていましたが、母親と妻、長男の3人は火事に気付いて2階の窓から飛び降りるなどして避難し、煙を吸ったりケガをして病院に搬送されましたが無事が確認されています。

この火事で家主の本島宜久さんと中学2年生の三男と連絡が取れておらず、焼け跡から遺体で見つかった2人の可能性が高いとみて、警察が身元確認を進めています。

全焼した住宅が燃えているのを見つけ警察に通報したのは隣の家に住む80歳の女性で、近所の人らは「大きな爆発音が2回聞こえた」「気付いたら燃えていた」と話していることから、家の中で何かが破裂して火事が起きた可能性が高いとみて、警察と消防が出火原因を調べています。

火災現場は会津若松市役所から東に約1キロ離れた住宅地の一角です。

出火当時の燃えさかる住宅:福島県会津若松市花春町
(出火当時の燃えさかる住宅:福島県会津若松市花春町)
福島県会津若松市花春町で住宅火災 焼け跡から親子の遺体が見つかり家主と中学2年の三男とみて身元確認

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。