兵庫県西宮市高須町で虐待傷害事件 松岡裕介容疑者と元妻の女が4歳の長男に暴行を加え脳挫傷など負わせた疑い

兵庫県西宮市高須町で虐待傷害事件 松岡裕介容疑者と元妻の女が4歳の長男に暴行を加え脳挫傷など負わせた疑い

兵庫県西宮市高須町1丁目の団地で昨年9月から10月にかけ、当時団地の一室に住んでいた父親の松岡裕介容疑者と母親で元妻の松岡愛容疑者の両親が4歳の長男に殴る蹴るの暴行を加える虐待・傷害事件があり、今年7月26日に長男への暴行の疑いから傷害容疑で逮捕されました。

両親から暴行(虐待)を受けていた4歳の長男は脳挫傷や急性硬膜下血腫などの重傷を負いましたが、搬送先の病院で治療を受け快方に向かっており、現在は親元を離れて児童養護施設に入って生活を送っています。逮捕された父親と母親には5歳の長女と3歳の次女がいますが、娘らへの虐待の有無は不明です。

以下、西宮市高須町1丁目の当時住んでいた団地の一室で4歳の長男に虐待・暴行を加えた疑いで父親と母親が逮捕された事件に関する詳細です。

4歳の長男に両親が暴行加える虐待事件、父親の松岡裕介容疑者と母親で元妻の松岡愛容疑者を傷害容疑で逮捕

兵庫県西宮市高須町の当時住んでいた団地の一室で4歳の長男に両親が暴行(虐待)を加えた疑いで逮捕されたこの事件は2016年9月16日から10月12日までの間、神戸市中央区の会社員で父親の松岡裕介(まつおかゆうすけ)容疑者(29)と母親で元妻の松岡愛(まつおかまなみ)容疑者(24)の両親が4歳の長男に暴行を加えた疑いがもたれている事件。

事件は当時住んでいた西宮市高須町1丁目の団地の部屋の中で4歳の長男に殴る蹴るなどの暴行を加え、脳挫傷や急性硬膜下血腫、足に打撲を負わせたとみられており、昨年10月12日に長男が嘔吐したと消防に通報があり事件が発覚。消防から連絡を受けた兵庫県警が虐待事件として捜査を進めていました。

父親の松岡裕介容疑者と母親の松岡愛容疑者は7月26日に傷害容疑で逮捕されており、警察の調べに対しては父親が容疑を否認し母親は「何も言うことはありません」と話しているという。

逮捕された両親に虐待を受け重傷を負った長男は搬送先の病院で治療を受け、現在は児童養護施設で過ごしているということです。この夫婦には他にも5歳の長女と3歳の次女がいますが、娘らへの虐待の有無については不明となっています。

警察が長男に暴行(虐待)を加えた経緯や動機について、父親の男と母親で元妻の女を追及している。

兵庫県西宮市高須町で虐待傷害事件 松岡裕介容疑者と元妻の女が4歳の長男に暴行を加え脳挫傷など負わせた疑い