鹿児島県和泊町で殺人事件 山口勉容疑者が隣人の男性を刺し殺した疑いで逮捕 容疑を殺人に切り替え捜査

鹿児島県和泊町で殺人事件 山口勉容疑者が隣人の男性を刺し殺した疑いで逮捕 容疑を殺人に切り替え捜査

鹿児島県・沖永良部島和泊町の住宅で7月25日夕方、事件現場の住宅に住む山口勉容疑者が隣の家に住む大脇和彦さんと酒を飲んでいたところ、口論となり容疑者宅にあった包丁で腹を刺されて殺害される殺人事件がありました。刺された男性は搬送先の病院で約5時間後に死亡が確認され、容疑を殺人に切り替えて捜査が進められています。

殺人未遂容疑で現行犯逮捕された山口勉容疑者は警察の調べに対して「挑発されたと思って(包丁で)刺した」と供述しており、酒の席で口論となり事件を起こした可能性が高いとみて、警察が事件の経緯や動機について詳しく調べています。

以下、沖永良部島の和泊町で起きた殺人事件に関する詳細です。

鹿児島県・沖永良部島和泊町の住宅で殺人事件、隣人の大脇和彦さんを包丁で刺して殺害した疑いで山口勉容疑者を逮捕

一軒家住宅に住む58歳の男が隣の家に住んでいた65歳の男性を包丁で刺して殺害した疑いで逮捕されたこの殺人事件は7月25日午後6時半頃、鹿児島県の沖永良部島和泊町(わどまりちょう)の民家に住む山口勉(やまぐちつとむ)容疑者(58)が自宅で一緒にいた大脇和彦さん(65)の腹を包丁で刺して殺害した疑いがもたれている事件。

包丁で刺され重傷を負った大脇和彦さんは病院へ搬送されましたが、約5時間後に病院で死亡が確認されました。

山口勉容疑者と殺害された大脇和彦さんは容疑者宅で一緒に酒を飲んでいましたが、口論となり挑発されたと感じた容疑者が家の中から包丁を持ちだして男性の腹を刺したとみられている。

犯行後、自宅の前を歩いていた人に「人を刺した、救急車と警察を呼んで欲しい」と頼んだことで事件が発覚。容疑者宅に駆け付けた警察官が山口勉容疑者から事情を聴いたところ容疑を認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕しました。

警察は今後、容疑を殺人に切り替えて捜査を進める方針を固めています。

鹿児島県和泊町で殺人事件 山口勉容疑者が隣人の男性を刺し殺した疑いで逮捕 容疑を殺人に切り替え捜査

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。