北九州市で女子高生が自殺 私立高校でイジメがあったか調査 墓地で首吊り自殺を図り死亡

北九州市で女子高生が自殺 私立高校でイジメがあったか調査 墓地で首吊り自殺を図り死亡

福岡県北九州市小倉南区の私立高校に通っていた当時16歳の女子高生が学校でのイジメが原因と思われる首吊り自殺を図り亡くなっていたことが明らかとなりました。女子高生は高校近くの墓地で首を吊っているのが見つかり、病院へ搬送されましたが死亡が確認されました。

女子高生が通っていた高校側は「イジメはなかった」と説明していましたが、その後の全校生徒を対象としたアンケートでイジメを疑わせる情報が寄せられたことに加え、女子高生が亡くなる直前、同級生の1人に「私に何かあったらあんたたちのせい」とLINEメッセージを送信していたことなどから、学校でイジメを受けていた可能性が考えられます。

以下、北九州市の私立高校でイジメ問題が起きていたことと女子高生が自殺を図って亡くなった事に関する詳細です。

(7月26日午後11時頃に追記しました)

福男県北九州市内の私立高校でイジメを苦に自殺か、高校2年の女子高生が墓地で首を吊り遺体で見つかる

私立高校2年生の女子高生が首吊り自殺を図っていたことが分かったこの問題は今年4月17日午前10時20分頃、北九州市小倉南区の私立高校(学校名非公表)に通っていた当時16歳で高校2年の女子高生が通っていた高校に登校途中、高校の近くにある墓地周辺のガードレールで首を吊って自殺を図り死亡しているのが見つかったものです。

自殺した女子高生が通っていた私立高校:北九州市小倉南区
(自殺した女子高生が通っていた私立高校:北九州市小倉南区)

学校側は当初、遺族に対して「学校でのイジメはなかった」との認識を示しており、5月下旬に開かれた緊急の保護者会でも「イジメはなかった」と説明していた模様。

遺族の意向を踏まえて6月上旬に全校生徒を対象にアンケート調査を行なったところ、死亡した女子高生にイジメがあったことを疑わせる複数の回答が得られたという。

自殺した女子高生は亡くなる直前、通信アプリ「LINE」で同級生の1人に対し、3人の名前を挙げ「私に何かあったらあんたたちのせい」「後悔しても知らない」と送信していた履歴が確認されており、同級生らも「(いじめてた子たちが)集団無視などイジメをしていた」「イジメられていると本人から直接聞いた」と話している。

女子高生が亡くなる直前にLINEで名前を挙げていた3人の同級生とは高校1年生の時は同じクラスで仲が良かったというが、去年11月頃に3人のうち1人とトラブルになっており、終業式の日には亡くなった女子高生以外の3人で写真を撮っているのを別の生徒が目撃していました。

女子高生が通っていた高校はイジメという認識はなく、グループ内のトラブルだったとしていますが、7月31日にも第三者委員会を設置し、イジメの有無などを調べる方針だということです。

墓地で首吊り自殺を図った北九州市内の私立高校に通っていた女子高生
(墓地で首吊り自殺を図った北九州市内の私立高校に通っていた女子高生)

北九州市の私立高校に通う女子高生が墓地で自殺、イジメがあったか調査を開始…Twitterの声

北九州市で女子高生が自殺 私立高校でイジメがあったか調査 墓地で首吊り自殺を図り死亡

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。