北九州市八幡西区で死体遺棄事件 母親の小笠原ちひろ容疑者が出産した子供の死体をゴミ箱に捨てた疑いで逮捕

北九州市八幡西区で死体遺棄事件 母親の小笠原ちひろ容疑者が出産した子供の死体をゴミ箱に捨てた疑いで逮捕

福岡県北九州市八幡西区船越2丁目の住宅で7月21日、この家に住む無職・小笠原ちひろ容疑者が自宅のトイレで出産した男の赤ちゃんの死体を部屋のゴミ箱に捨てた死体遺棄事件があり、24日に死体遺棄容疑で逮捕されました。同居していた両親は娘の妊娠に気付かなかったと話しており、警察が詳しく調べています。

逮捕された小笠原ちひろ容疑者は出産後間もない状態の赤ちゃんをゴミ箱に捨てた疑いがもたれており、心肺停止状態で発見され死亡が確認されました。

以下、北九州市八幡西区の住宅で起きた、トイレで出産した子供をゴミ箱に捨てた疑いで母親が逮捕された死体遺棄事件に関する詳細です。

福岡県北九州市八幡西区の自宅で産んだ赤ちゃんの死体を遺棄した疑い、母親の小笠原ちひろ容疑者を死体遺棄容疑で逮捕

自宅のトイレで出産した赤ちゃんをゴミ箱に捨てた疑いで母親が逮捕されたこの事件は7月21日に福岡県北九州市八幡西区船越2丁目の住宅に住む無職・小笠原ちひろ容疑者(26)が自宅のトイレで出産した乳児(赤ちゃん)をゴミ箱に投げ入れ捨てた疑いがもたれている事件。

小笠原ちひろ容疑者は24日に死体遺棄容疑で逮捕され容疑を認める一方で「なぜゴミ箱に投げ込んだか分からない」と供述しています。

事件発覚の経緯に関して、小笠原ちひろ容疑者は事件現場となった自宅で両親と3人で暮らしており、帰宅した母親が部屋で倒れている娘(容疑者)の姿を見つけ病院に連れて行ったところ、赤ちゃんを産んで捨てたという旨の話をしたことから事件が発覚。

自宅のトイレで出産した男の子は小笠原ちひろ容疑者の部屋のゴミ箱に心肺停止状態で捨てられているのが見つかりましたが、既に死亡していました。両親は娘の妊娠に気付いておらず、容疑者自身も「妊娠しているとは知らず突然自宅で産気づいた」と供述しているということです。

警察は事件の経緯を調べると共に両親からも詳しい話を聴いています。

逮捕された小笠原ちひろ容疑者の自宅:家の中のゴミ箱に乳児の遺体を遺棄
(逮捕された小笠原ちひろ容疑者の自宅:家の中のゴミ箱に乳児の遺体を遺棄)

北九州市八幡西区で死体遺棄事件、母親の小笠原ちひろ容疑者が逮捕される…Twitterの声

北九州市八幡西区で死体遺棄事件 母親の小笠原ちひろ容疑者が出産した子供の死体をゴミ箱に捨てた疑いで逮捕