千葉県長柄町で殺人事件 棟方洋子容疑者が内縁の夫の男性を包丁で刺し殺した疑いで逮捕

千葉県長柄町で殺人事件 棟方洋子容疑者が内縁の夫の男性を包丁で刺し殺した疑いで逮捕

千葉県長柄町立鳥のアパートの一室で7月22日夜、一室に住む棟方洋子容疑者が同居していた内縁の夫・安川昭生さんの左肩を包丁で刺して殺害した殺人事件があり、事件現場の状況などから同居していた女が殺人容疑で逮捕されました。警察は認否を明らかにしておらず、調べに対して曖昧な供述をしていることから慎重に捜査を進めています。

逮捕された棟方洋子容疑者は同居していた男性を包丁で刺した後、隣の部屋に住む女性宅を訪ね助けを求めていましたが、警察が事件現場のアパートを調べたところ第三者が侵入した形跡がなかったことなどから、この部屋に住んでいた容疑者を逮捕しました。現場では犯行に使われたとみられる包丁1本が落ちており押収されています。

以下、千葉県長柄町立鳥のアパートで起きた殺人事件に関する詳細です。

千葉県長柄町立鳥のアパートで殺人事件発生、棟方洋子容疑者が同居する内縁の夫を殺害した疑いで逮捕

自宅アパートで同居していた77歳の内縁の夫を刺して殺害した疑いで59歳の女が逮捕されたこの殺人事件は7月22日午後8時頃、千葉県長柄町立鳥のアパートの一室に住む自称無職の棟方洋子(むなかたようこ)容疑者(59)が自宅で同居していた内縁の夫・安川昭生(やすかわあきお)さん(77)を包丁で刺して殺害した疑いがもたれている事件。

棟方洋子容疑者がアパートの隣の部屋に住む女性に助けを求めて部屋を訪れ、この女性と共に自分の部屋に戻ったところ安川昭生さんが血を流して倒れているのを発見。通報で駆け付けた警察官が部屋の中を調べましたが、第三者が部屋に侵入した形跡がなかったことなどから棟方洋子容疑者を殺人容疑で逮捕したものです。

左肩を包丁で刺され殺害された安川昭生さんは搬送先の病院で死亡が確認され、逮捕された内縁の妻の女は警察の調べに対して曖昧な供述をしていることから、慎重に調べを進めています。

事件現場となったアパートの部屋からは血の付いた包丁1本が押収されており、犯行に使われた凶器とみて詳しく調べています。また、殺害された男性と逮捕された女と共に同居していた容疑者の息子(25)の男性は事件当時外出しており無事でした。

殺人容疑で逮捕された棟方洋子容疑者が住む事件現場のアパート:千葉県長柄町立鳥
(殺人容疑で逮捕された棟方洋子容疑者が住む事件現場のアパート:千葉県長柄町立鳥)
千葉県長柄町で殺人事件 棟方洋子容疑者が内縁の夫の男性を包丁で刺し殺した疑いで逮捕

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。