神戸市北区の5人殺傷殺人事件 竹島叶実容疑者が祖父の殺害容疑を認め専門学校や勤務先への不満を供述

神戸市北区の5人殺傷殺人事件 竹島叶実容疑者が祖父の殺害容疑を認め専門学校や勤務先への不満を供述

兵庫県神戸市北区で同居していた祖父と祖母、母親と近所の女性など5人を相次いで襲撃・殺傷し、祖父・南部達夫さん殺人容疑で再逮捕された無職・竹島叶実(たけしまかなみ)容疑者が黙秘から一転、祖父殺害を認める供述をしていることが判明しました。

竹島叶実容疑者は通っていた専門学校(中退した高専)や勤務先に対する不満を話しており、自身の境遇への不満から5人を殺傷する殺人事件を起こした可能性が高いとみて、引き続き捜査本部が詳しく調べています。

以下、神戸市北区で親族など男女5人を相次いで襲撃し殺傷した殺人事件で逮捕された竹島叶実容疑者や事件に関する詳細です。

神戸市北区有野町で殺人事件 竹島叶実容疑者が5人を刺して3人死亡 高齢夫婦の孫の男が相次いで殺害か

2017.07.16

兵庫県神戸市北区の5人殺傷殺人事件で逮捕された竹島叶実容疑者、一転して祖父の殺害認める供述

神戸市北区有野町の住宅で7月16日早朝、祖父や祖母・近所の女性ら5人を殺傷し銃刀法違反の疑いで逮捕され、祖父への殺人容疑で再逮捕された竹島叶実(たけしまかなみ)容疑者(26)が事件の経緯について供述を始めており、事件の真相が徐々に明らかとなってきている。

竹島叶実容疑者が逮捕されたこの殺人事件は、同居していた祖父母夫婦の祖父・南部達夫さん(83)と祖母の南部観雪さん(83)を金属バットで殴った上、包丁で刺して殺害した後、近所に住む辻やゑ子さん(79)を包丁で刺して殺害。

ほかにも近所に住む65歳の女性を包丁で切りつけ重傷を負わせ、竹島叶実容疑者の52歳の母親・竹島知子さんを相次いで襲うなどして5人が殺傷された事件です。

祖父・南部達夫さん殺人容疑で再逮捕された竹島叶実容疑者は当初、警察の調べに対して黙秘を続けていましたが、一転して容疑を認める供述をしているということが明らかとなりました。

その後の警察の調べに対し「学校や職場が思っていたものと違い面白くなかった」と供述し、竹島叶実容疑者が通っていた専門学校や勤務先について「上手く行かず辞めた」と話しているという。

竹島叶実容疑者は地元の中学校を卒業後、進学した神戸市内の工業高等専門学校を中退した後、いったんは就職していたが、神戸市内の専門学校でプログラミングなどを学んでいたという。専門学校を卒業後は職場で勤務を始めていましたが、半年ほど前に仕事を辞めて無職になっていたということが分かっています。

逮捕された竹島叶実容疑者の家庭環境について、息子に襲撃された母親の竹島知子さんは「家庭内に目立ったトラブルはなかった」と話しており、家庭環境に不満を抱いて5人を襲ったのではなく自身の境遇への不満から5人を殺傷する殺人事件を起こしたとみて、兵庫県警有馬署捜査本部がほかの4人への襲撃や犯行動機に関して慎重に調べています。

神戸市北区の5人殺傷殺人事件 竹島叶実容疑者が祖父の殺害容疑を認め専門学校や勤務先への不満を供述