久慈浜海水浴場にドチザメ出現 監視活動を続けると共に高萩海水浴場も遊園禁止に

茨城県日立市の久慈浜海水浴場にドチザメ出現 監視活動を続けると共に高萩海水浴場も遊園禁止に

茨城県日立市の久慈浜海水浴場で7月19日昼頃、人を襲う心配がない「ドチザメ」約30匹が確認され安全が確認されるまで遊泳禁止とされました。隣接する高萩市の高萩海水浴場も遊泳禁止となっており、再びドチザメが現れないか監視・確認が続けられています。

海水浴場に集まってきたドチザメは大人しい性格で最大で全長1.5メートル。水深が浅いところを好み海底近くを泳ぐサメだという。これまでに人が襲われた被害報告はありません。

以下、久慈浜海水浴場に約30匹のドチザメが集まった出来事に関する詳細です。

茨城県日立市の久慈浜海水浴場でドチザメ約30匹を確認、遊泳禁止にした上で監視活動を続ける方針

海水浴場で数十匹のドチザメが確認されたこの出来事は7月19日正午頃、茨城県日立市の久慈浜(くじはま)海水浴場に遊びに来ていた人がサメを目撃し監視員に通報。県警のヘリコプターが上空から巡視しサメ30匹を発見したものです。

久慈浜海水浴場で泳いでいたサメ数匹を漁師が捕獲した後、大洗町磯浜町にある「アクアワールド大洗水族館」の職員がサメを調べたところ、大人しい性格をして人に無害なドチザメと確認。

人を襲う心配はほぼないとのことですが、久慈浜海水浴場は20日を遊泳禁止にした上、安全確認のため船の上や海岸から監視活動を続けていますが、ドチザメは確認されていません。

久慈浜海水浴場のドチザメは19日午後2時40分頃までには姿が見られなくなったということですが、高萩市の高萩海水浴場も安全が確認できるまで遊泳禁止にすることを決定したということです。

これまでにドチザメが人を襲ったという報告はなくサメも現れていないことから、安全が確認され次第、遊泳禁止は解除される見通しだという。

茨城県日立市の久慈浜海水浴場にドチザメ出現、一時遊泳禁止に…Twitterの声

茨城県日立市の久慈浜海水浴場にドチザメ出現 監視活動を続けると共に高萩海水浴場も遊園禁止に