葛飾区高砂の都営住宅で殺人未遂事件 伊藤保夫容疑者が高砂四丁目アパートで妻の首を絞めた疑い

葛飾区高砂の都営住宅で殺人未遂事件 伊藤保夫容疑者が高砂四丁目アパートで妻の首を絞めた疑い

東京都葛飾区高砂4丁目の都営住宅「都営高砂四丁目アパート」の一室で7月20日午前、アパートに住む伊藤保夫容疑者が84歳の妻の首を絞めて殺害しようとした殺人未遂事件(後に死亡したため殺人事件)がありました。首を絞められた女性は容疑者の妻で、夫婦2人でこの家に住んでいたとみられています。殺人未遂容疑で逮捕された夫は「介護をしていた首を絞めた」と容疑を認めている。

首を絞められた妻は介護ベッドの上で倒れており首には絞められた痕があり、病院へ搬送されましたが死亡が確認されました。逮捕された夫が寝たきり状態だった妻の介護をしていたということで、介護疲れから妻を殺害した可能性が高いとみて伊藤保夫容疑者から詳しい事情を聴いています。

以下、葛飾区高砂4丁目の都営住宅「都営高砂四丁目アパート」で起きた殺人未遂事件に関する詳細です。

(7月20日午後9時頃に追記しました)

東京都葛飾区高砂4丁目の都営住宅「都営高砂四丁目アパート」で殺人未遂事件、伊藤保夫容疑者が妻の首を絞め殺害未遂容疑で逮捕

都営アパートの一室で84歳の妻の首を絞めて殺害しようとした疑いで75歳の夫が逮捕されたこの事件は7月20日午前9時頃、葛飾区高砂4丁目の都営住宅「都営高砂四丁目アパート」の一室に住む伊藤保夫(いとうやすお)容疑者(75)から「妻を殺した」と警察に通報があり発覚した事件。

通報で駆け付けた警察官が部屋のベッドの上で倒れている伊藤ヨシさん(84)を発見し病院へ救急搬送しましたが搬送先の病院で死亡が確認され、部屋の中にいた伊藤保夫容疑者が女性の首を絞めたことを認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕したものです。

逮捕された男は殺害された女性の夫で2人は夫婦だったとみられている。この夫婦は事件が起きた都営アパートの一室で2人暮らしをしており、警察が首を絞められた女性の身元確認を進めています。

伊藤保夫容疑者は警察の調べに対して「介護していて首を絞めて殺害した」と容疑を認める供述をしており、妻が寝たきりで介護用ベッドの上で仰向けに倒れていたことなどから、逮捕された夫・伊藤保夫容疑者が妻の介護をしており、介護疲れから首を絞めて殺害したとの見方が強い。

警察が夫から事件の経緯や動機について詳しい事情を聴くと共に、容疑を殺人に切り替えて捜査を進めています。

事件現場となった葛飾区高砂4丁目の都営アパート前に集まる警察関係車両
(事件現場となった葛飾区高砂4丁目の都営アパート前に集まる警察関係車両)
葛飾区高砂の都営住宅で殺人未遂事件 伊藤保夫容疑者が高砂四丁目アパートで妻の首を絞めた疑い