新潟県長岡市で殺人事件 男子高校生が義理の父親を包丁で刺して殺害 母親の再婚相手を殺した疑いで逮捕

新潟県長岡市で殺人事件 男子高校生が義理の父親を包丁で刺して殺害 母親の再婚相手を殺した疑いで逮捕

新潟県長岡市の住宅で7月14日夜、この家に住む中国籍で19歳の男子高校生(氏名非公表)が46歳の義理の父親を包丁を刺して殺害する殺人事件が起きました。義理の父親は現場で死亡が確認され、男子高校生は殺人未遂容疑で逮捕されました。警察は容疑を殺人に切り替えて捜査を進めています。殺害された男性は母親の再婚相手でした。

これまでに逮捕された男子高校生が義理の父親を殺害した理由については明らかになっておらず、逮捕当時「頭が真っ白だ」などと話しているということで、警察が事件の経緯や家族間でのトラブルや家庭環境について詳しく調べています。

その後の調べで逮捕された男子高校生は中国籍で、義理の父親・磯野哲男さんを刺した動機については「家を出て行けと言われ口論になり父親を殺した」と供述しているということです。

以下、新潟県長岡市の住宅で高校生の息子が義理の父親を殺害した殺人事件に関する詳細です。

(7月16日午前2時頃に追記しました)

高3男子の息子が同居する義理の父親を包丁で刺して殺害した疑い、殺人未遂容疑で逮捕し容疑を殺人に切り替え捜査

高校3年生の男子高校生が自宅で義理の父親を包丁で刺して殺害したこの殺人事件は7月14日午後11時頃、新潟県長岡市の一軒家住宅でこの家に住む中国籍の19歳の男子高校生(氏名非公表)が46歳の義理の父親を包丁で刺して殺害した疑いがもたれている事件です。

家族から「息子が父親を刺した」と消防に通報があり事件が発覚。消防から連絡を受けた警察が事件現場となった住宅に駆け付け、男子高校生を殺人未遂容疑で逮捕しており、包丁で刺された義理の父親が現場で死亡したことから、容疑を殺人に切り替えて捜査を進めている。

逮捕された男子高校生は自宅で義理の父親の首などを包丁で切りつけて殺害しようとした疑いがもたれており、逮捕された際「逮捕された理由は分かっているが頭が真っ白だ」などと供述している。

その後の調べで殺害された義理の父親の男性の身元はこの家に住む会社員・磯野哲男さん(46)と判明。逮捕された男子高校生は中国籍で「(父親に)家を出て行けと言われ口論になり父親を刺して殺した」と供述しているということです。

現場の床には血の付いた包丁が落ちており、犯行に使われた凶器とみて警察が押収し調べています。殺害された46歳の男性は母親の再婚相手で男子高校生の義理の父親にあたるが、家族間で何らかのトラブルが起きていた可能性が高いとみて動機や事件の経緯について詳しく調べています。

これまでに逮捕された男子高校生の名前や住所は公表されていません。

男子高校生が義理の父親を殺害した自宅:新潟県長岡市
(男子高校生が義理の父親を殺害した自宅:新潟県長岡市)

新潟県長岡市で殺人事件発生、男子高校生が義理の父親を包丁で刺して殺害容疑…Twitterの声

新潟県長岡市で殺人事件 男子高校生が義理の父親を包丁で刺して殺害 母親の再婚相手を殺した疑いで逮捕

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。