宮城県仙台市青葉区で殺人未遂事件 黒沼美和子容疑者が母親を包丁4本で刺し殺そうとした疑いで逮捕 父母から暴行と供述

宮城県仙台市青葉区で殺人未遂事件 黒沼美和子容疑者が母親を包丁4本で刺し殺そうとした疑いで逮捕 父母から暴行と供述

宮城県仙台市青葉区旭ケ丘の住宅で7月13日未明、この家に住む黒沼美和子容疑者が寝室で寝ていた同居する83歳の母親を包丁で刺して殺害しようとした殺人未遂事件がありました。犯行後に自ら警察に通報して事件が発覚しており、警察が事件の経緯や動機について詳しく調べています。容疑者は「父母に暴行を受けていて殺されると思って刺した」と供述している。

以下、仙台市青葉区旭ケ丘の住宅で起き殺人未遂事件に関する詳細です。

宮城県仙台市青葉区の住宅で母親を刺して殺害未遂、黒沼美和子容疑者を殺人未遂容疑で逮捕

63歳の娘が自宅で寝ていた83歳の母親の頭部などを包丁で刺して殺害しようとしたこの殺人未遂事件は7月13日午前2時20分頃、仙台市青葉区旭ケ丘の住宅でこの家に住む無職・黒沼美和子(くろぬまみわこ)容疑者(63)が自宅の寝室で寝ていた83歳の母親に迫り「殺してやる」と叫びながら包丁で刺して殺害しようとした疑いがもたれている事件。

黒沼美和子容疑者は自宅の台所から持ち出した包丁4本を持ち出し、寝ていた母親の右後頭部1カ所と右手の甲の数カ所を刺して殺害しようとしたということで、母親を刺した約5分後に自ら警察に「母親を殺した」と通報しており、駆け付けた警察官が殺人未遂容疑で現行犯逮捕したものです。

娘に刺された母親は病院に搬送されていますが、意識があり会話も出来る状態で命に別状はなく病院で治療を受けています。

現行犯逮捕された黒沼美和子容疑者は警察の調べに対して容疑を認める一方で「父母から暴行を受けていた」「殺されると思って刺した」などと供述しており、警察が詳しく調べている状況。

黒沼美和子容疑者の自宅の近所に住む人は「仲の良い親子だと思っていた」などと話しており、警察では家族間でトラブルがなかったかなど事件が起きた経緯について詳しく調べています。

殺人未遂事件が起きた黒沼美和子容疑者の自宅:宮城県仙台市青葉区旭ケ丘
(殺人未遂事件が起きた黒沼美和子容疑者の自宅:宮城県仙台市青葉区旭ケ丘)
宮城県仙台市青葉区で殺人未遂事件 黒沼美和子容疑者が母親を包丁4本で刺し殺そうとした疑いで逮捕 父母から暴行と供述