伊丹市「猪名川」河川敷でバラバラ切断遺体発見、死体遺棄事件として捜査=殺人事件の可能性も…遺体の性別は不明

伊丹市「猪名川」河川敷でバラバラ切断遺体発見、死体遺棄事件として捜査=殺人事件の可能性も…遺体の性別は不明

10日午後2時前、兵庫県伊丹市東桑津「猪名川」の河川敷で性別不明の死体の一部(両腕と両足)がバラバラに切断された状態で発見される死体遺棄事件が発生しました。死体は猪名川の上流から流れてきたものではなく、現場の河川敷に遺棄されたものとみられており、殺人事件の可能性もあるとみて捜査が続いています。

遺体を最初に発見した41歳の男性からの通報で警察官が駆け付け、近くの草むらを探したところ、人の両腕と両足が見つかりました。遺体は腕は肘から指先までと、足は膝下から指先までが見つかった。いずれも橋の下で見つかり両腕と両足は約5メートル離れた場所にあったということです。

現在までに胴体と頭部は見つかっておらず、警察は10月11日にも司法解剖を行い、身元の特定を進める方針。

腕や足は成人のものとみられるが、性別はわかっていない。死体遺棄事件として捜査する一方、殺人事件の可能性もあるとみて、詳しく捜査するということです。

遺体発見者の男性「マネキンだと思った」

バラバラに切断された遺体を発見した方は「マネキンみたいな手があって、指の爪が見えたから死体かなと思い通報した」「反対側には膝から下の部分があった」などと話していました。

遺体は袋には入っておらず、腐敗が進んだ状態で発見されました。また、両足には同じ種類の黒い靴下を履いていたことがわかっています。

バラバラ遺体の発見現場と周辺の地図

遺体が発見された場所は兵庫県伊丹市東桑津「猪名川」の河川敷。近くのグラウンドで行われていた少年野球の応援に来ていた41歳の男性が遺体を発見しました。
現場の河川敷は、JR伊丹駅から東に約500メートル離れた県道が通る橋の下で、普段の人通りはかなり少ない場所だったということです。

伊丹市の猪名川(桑津橋)の河川敷バラバラ死体遺棄事件で頭部と胴体見つかる=遺体の身元は依然として不明、捜査本部が設置され本格捜査

2016.10.12

兵庫県伊丹市「猪名川」の河川敷にバラバラ遺体…Twitterの反応

伊丹市の河川敷でバラバラに切断された遺体が見つかった死体遺棄事件はツイッターでも話題にあがっており、多くの人が散歩やランニングコースとして利用していた散歩道の近くだったようです。

また、地元の人の話では、遺体が見つかった場所は確かに見つかりにくい場所だったということで、恐怖を感じる方も多くいたようです。

伊丹市「猪名川」河川敷でバラバラ切断遺体発見、死体遺棄事件として捜査=殺人事件の可能性も…遺体の性別は不明

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)