広島市中区富士見町で殺人未遂事件 武永秋紀容疑者が通行人の男性を刺して殺害しようとした疑い 直前に知人とトラブル

広島市中区富士見町で殺人未遂事件 武永秋紀容疑者が通行人の男性を刺して殺害しようとした疑い 直前に知人とトラブル

広島県広島市中区富士見町の路上で7月8日早朝、近所に住む飲食店従業員・武永秋紀(たけながあき)容疑者が知人と揉め事を起こしている最中、近くを通りがかった42歳の男性の腹を包丁で刺して殺害しようとした殺人未遂事件がありました。容疑者は「殺す気はなかった」と供述しており、被害者の男性は巻き込まれたとみられている。

警察が事件の経緯と動機について詳しく調べていますが、知人とのトラブルで激高した武永秋紀容疑者がたまたま近くを通った男性を包丁で刺した可能性が高い。殺人未遂容疑で逮捕された容疑者は逮捕当時、酒に酔った状態だったという。男性は重傷ですが命に別状はありませんでした。

以下、広島市中区富士見町の路上で起きた殺人未遂事件に関する詳細です。

広島県広島市中区富士見町の路上で殺人未遂事件、武永秋紀容疑者が通りがかりの男性を突然刺した疑いで逮捕

22歳の女が知人と揉め事を起こし通りがかりの男性を包丁で刺して殺害しようとした疑いで逮捕されたこの事件は、7月8日午前5時40分頃、広島市中区富士見町の路上で飲食店従業員・武永秋紀(たけながあき)容疑者(22)が近くを通った42歳の男性の腹を包丁で刺した事件。

武永秋紀容疑者に腹を刺された男性は病院に搬送され重傷ですが、命に別状はないということです。

武永秋紀容疑者はその場で知人に取り押さえられ、駆け付けた警察官に殺人未遂容疑で現行犯逮捕されました。事件を起こす直前、路上で知人とトラブルになっており、たまたま通りがかった面識のない男性の腹を包丁で刺したということで、男性はトラブルに巻き込まれて刺されたとみられている。

逮捕当時、武永秋紀容疑者は酒に酔っており、知人とは揉め事を起こしていた。被害者の男性とは面識がなく、警察が事件の経緯や動機について詳しく調べている。

警察の調べに対して「刺したのは間違いないが、殺す気はなかった」と容疑を一部否認している。事件が起きた現場は広島市中心部の繁華街で武永秋紀容疑者の自宅が近所にある場所です。

武永秋紀容疑者が通行人の男性を刺した事件現場:広島市中区富士見町
(武永秋紀容疑者が通行人の男性を刺した事件現場:広島市中区富士見町)

広島市中区富士見町で殺人未遂事件 武永秋紀容疑者が通行人の男性を刺して殺害しようとした疑い 直前に知人とトラブル

1 個のコメント

  • この子知り合いだけどこういうことしそうな子だったよ〜。しかも飲食店なんて嘘だよ(笑)男と付き合ったら秋紀がメンヘラすぎて男みんな逃げたしね。男関係で揉めて店の包丁取り出してそのまま外出て刺したんじゃない?


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。