【九州豪雨】大分県日田市 久大線の鉄橋が崩落 花月川の濁流が橋を飲み込み復旧には時間が掛かる見通し

【九州豪雨】大分県日田市 久大線の鉄橋が崩落 花月川の濁流が橋を飲み込み復旧には時間が掛かる見通し

大分県日田市で7月5日夜、九州豪雨で降った猛烈な雨で大分県と福岡県を結ぶ久大線の花月川に架かる鉄橋が濁流に飲み込まれ流される被害が出ています。鉄橋が流されたのは5日夜で、光岡駅と日田駅の間に架かっていたはずの鉄橋が橋脚だけを残して流されてしまっています。

日田市の花月川では5日午後6時10分頃に水位が上昇し洪水のおそれがある氾濫危険水位を超えていました。

以下、日田市の花月川の水位が上昇し鉄橋が流された災害に関する詳細です。

【九州豪雨】大分県日田市 久大線の鉄橋が崩落 花月川の濁流が橋を飲み込み復旧には時間が掛かる見通し

2017.07.06

【九州豪雨】大分県日田市小野地区で大規模な土砂崩れ 3人が巻き込まれ1人心肺停止状態

2017.07.06

大分県日田市の花月川が氾濫、久大線の鉄橋が崩落し流される被害

九州豪雨で記録的な大雨となった大分県日田市を流れる花月川では7月5日夜から6日未明にかけて川の水位が上昇しました。大分県と福岡県を結ぶ久大本線では日田駅から光岡駅間の花月川に架かる約80メートルの鉄橋(電車が川の上を走行するための橋)が濁流で押し流されてしまった。

川が増水し5日夜に流されたとみられているが、6日午前10時頃の段階でも水量が減りつつありますが、依然として川の流れは激しいままとなっている状況。

花月川に架かっていたはずの久大線の鉄橋は現在までに真横に倒された橋脚だけが残り、水かさが増した茶色い濁流がぶつかりながら激しく水しぶきを上げています。

九州豪雨による大雨で鉄橋が流された影響で久留米と大分の間で運転を見合わせており、復旧にはかなりの時間が掛かる見通しとなっています。

花月川の濁流で流された久大線の鉄橋:7月6日午前に撮影
(花月川の濁流で流された久大線の鉄橋:7月6日午前に撮影)

ツイッターには6日夜の段階で流されてしまった花月橋の鉄橋を川岸から撮影した写真が投稿されており、当時はかなり水位が上がったことが確認出来ます。

また、こちらの方の投稿では鉄橋が流された当時の状況に加え、豪雨被害に遭う前の鉄橋があった場所を地図(グーグルマップ)で検索し画像を投稿しています。

九州豪雨で流された花月川に架かる久大線の鉄橋:鉄橋があった当時の写真1
九州豪雨で流された花月川に架かる久大線の鉄橋:鉄橋があった当時の写真2
九州豪雨で流された花月川に架かる久大線の鉄橋:鉄橋があった当時の写真3
九州豪雨で流された花月川に架かる久大線の鉄橋:鉄橋があった当時の写真4

【九州豪雨】大分県日田市 久大線の鉄橋が崩落 花月川の濁流が橋を飲み込み復旧には時間が掛かる見通し

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。