宮城県登米市迫町で放火・殺人事件 島谷嘉昭容疑者が布団に火をつけ妻と子供を殺害した疑い 家族3人死亡

宮城県登米市迫町で放火・殺人事件 島谷嘉昭容疑者が布団に火をつけ妻と子供を殺害した疑い 家族3人死亡

宮城県登米市迫町佐沼の住宅で7月4日深夜、2階付近から出火した火事・火災が発生。この家に住む会社員で父親の島谷嘉昭(しまやよしあき)容疑者が布団に火をつけた放火容疑で逮捕される事件がありました。焼け跡から31歳の妻と3歳、1歳の子供2人が遺体で見つかっており、殺人の疑いでも捜査を進める方針だという。

遺体で見つかったのは出火直後、現場から逃走し市内で逮捕された島谷嘉昭容疑者の妻・島谷美由さんと子供の島谷真央ちゃん、島谷叶佑くんの3人とみられており、警察が身元確認を急いでいます

この火事で全焼した民家には4世代9人が暮らしており、島谷嘉昭容疑者の70代の父親も軽い火傷を負いましたが、命に別状はないという。警察は逮捕した40歳の父親から事情を聴いており、放火に至った動機や事件の経緯について詳しく調べている。

以下、登米市迫町佐沼の住宅で起きた放火・殺人事件に関する詳細です。

(7月12日午後2時頃に追記しました)

宮城県登米市迫町で放火・殺人事件、父親の島谷嘉昭容疑者が布団に火をつけた疑い…妻と子供2人が死亡

家族が暮らす住宅で父親の男が布団に火をつけ、火事・火災を起こし全焼させた疑いで逮捕されたこの放火殺人事件は、7月4日午前2時半頃、宮城県登米市迫町佐沼(とめしはさまちょうさぬま)の民家から「家が燃えて家族が逃げ遅れた」と警察に通報があり発覚した火事。

消防車数台が出動して消火活動にあたり、火は約2時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅260平方メートルが全焼し2階の焼けから3人の遺体を収容。

全焼した民家の敷地内には母屋と離れがあり、焼け跡から遺体で見つかった長女・真央ちゃん(3)と次男・叶佑(きょうすけ)くん(1)、2人の母親の島谷美由さん(31)の3人と連絡が取れていないことから、この3人の可能性が高いとみて警察が調べている。

この家の母屋と離れには遺体で見つかった3人のほか、島谷嘉昭容疑者の長男、祖母、両親と弟の4世代9人が住んでおり、出火当時は全員が家の中に居たということです。

警察と消防が出火原因を調べていたところ、この家に住んでいた住人が「父親が出火後に車で逃走した」と話し、行方を捜していたところ、登米市内で逃走していた会社員・島谷嘉昭(しまやよしあき)容疑者(40)の身柄を確保。

事情を聴いたところ、自宅に火をつけたことを認めたため、放火の疑いで現行犯逮捕しました。島谷嘉昭容疑者は警察の調べに対して「布団にライターで火をつけた」と容疑を認める供述をしているが、動機に関しては不明でなぜ自宅に火をつけたのかも明らかとなっていない。

警察のその後の調べで「妻と口論になり火を付けた」と供述していることが新たに判明。殺意を持って犯行に及んだ可能性が高く、警察が追及を続けています。

逮捕・送検される島谷嘉昭容疑者の姿
(放火容疑で逮捕された島谷嘉昭容疑者)

事件を調べる宮城県警は80人体勢の捜査本部を設置し、島谷嘉昭容疑者を自分の妻と子供2人を殺害した殺人容疑でも捜査を進める方針です。

また、その後の調べで母親の島谷美由さんが一旦、避難した後に警察に通報した後、逃げ遅れた子供2人を助けるために燃えさかる家の中に戻っていった可能性が高い。焼け跡から見つかった大人の遺体は子供を抱きかかえるように死亡していました。

島谷嘉昭容疑者は自宅から約7キロ離れた市内で逮捕されており、その際にもパトカーから40分間にわたって逃走していたことが判明。逮捕当時は酒に酔った状態だったということで、犯行当時も酔っていた可能性が高い。また、妻の島谷美由さんは2年前に容疑者が酒を飲み家族に暴力を振るったことを警察に相談していたという。

島谷嘉昭容疑者が放火して全焼した民家の場所は登米市役所から東に約2キロ離れた登米市迫町佐沼の住宅街の一角で県道36号沿いに建つ民家で、周辺には宮城県佐沼高等学校やスーパーなどがある場所です。

父親の島谷嘉昭容疑者が放火し全焼した民家:宮城県登米市迫町佐沼
(父親の島谷嘉昭容疑者が放火し全焼した民家:宮城県登米市迫町佐沼)

宮城県登米市迫町で放火・殺人事件発生、父親の島谷嘉昭容疑者を放火容疑で逮捕…Twitterの声

宮城県登米市迫町で放火・殺人事件 島谷嘉昭容疑者が布団に火をつけ妻と子供を殺害した疑い 家族3人死亡