神奈川県座間市相模が丘で殺人事件 関根啓子容疑者が95歳の母親を刺して殺害した疑い 介護疲れの犯行か

神奈川県座間市相模が丘で殺人事件 関根啓子容疑者が95歳の母親を刺して殺害した疑い 介護疲れの犯行か

神奈川県座間市相模が丘のアパートで7月2日夜、母親と同じアパートに住んでいた関根啓子(せきねけいこ)容疑者が95歳の母親の部屋で首や胸を包丁などの刃物で複数回刺して殺害した殺人事件があり、警察が事件の経緯や動機について事情を聴いています。殺人容疑で逮捕された娘の関根啓子容疑者は殺害を認めていますが、供述を二転三転させている。

現場に警察と救急隊が駆け付けた際、殺害された母親・関根綾子さんは既に死亡しており、事件現場のアパートの部屋の中に逮捕された娘が居て事情を聴いたところ殺害を認めたため、殺人容疑で緊急逮捕されました。

高齢者が高齢者を介護する老老介護だった可能性があり、介護疲れから殺害してしまったとも考えられる。警察が動機について詳しく調べています。

以下、座間市相模が丘のアパートで起きた殺人事件に関する詳細です。

神奈川県座間市相模が丘のアパートで殺人事件、関根啓子容疑者が母親の関根綾子さんの首や腹を刺して殺害した疑いで逮捕

同じアパートの別の部屋に住んでいた67歳の娘が95歳の母親の首や腹を刃物で刺して殺害したこの殺人事件は7月2日午後10時頃、座間市相模が丘のアパートに住む関根啓子(せきねけいこ)容疑者(67)が別の部屋に住んでいた95歳の母親・関根綾子さんを殺害した事件です。

事件現場は殺害された関根綾子さんの部屋で、関根啓子容疑者の息子から「祖母が亡くなったと母親から連絡がありました。確認してほしい」と消防に通報があり事件が発覚。消防からの連絡で警察が事件現場のアパートに駆け付けたところ、血を流して倒れている関根綾子さんを発見。

倒れていた女性は現場で死亡が確認され、すぐ側には関根啓子容疑者も居たということで事情を聴いたところ「殺したことは間違いない」と供述しており、現場の部屋からは血の付いた包丁とペティナイフが押収されたということです。

関根啓子容疑者の逮捕容疑は母親の関根綾子さんの首や胸を現場で押収された刃物(凶器)を使って複数回刺して殺害した疑い。警察の調べに対して殺害認める一方、自らのことを「パニック障害だ」などと話し供述も二転三転しているという。警察が動機や事件の経緯について詳しく調べています。

殺害された母親の年齢から考えると娘の関根啓子容疑者が介護をしていたことも考えられ、介護疲れから刃物で刺して殺害した可能性も高い。親子関係のトラブルがなかったかどうかなど、警察が詳しく調べる方針だということです。

関根啓子容疑者と殺害された関根綾子さんが住んでいた事件現場のアパート:神奈川県座間市相模が丘
(関根啓子容疑者と殺害された関根綾子さんが住んでいた事件現場のアパート:神奈川県座間市相模が丘)
神奈川県座間市相模が丘で殺人事件 関根啓子容疑者が95歳の母親を刺して殺害した疑い 介護疲れの犯行か

1 個のコメント


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。