長野県松本市の才教学園で切りつけ事件発生 女性職員が男に切りつけられ犯人逃走中 防犯メールで注意喚起

長野県松本市の才教学園で切りつけ事件発生 女性職員が男に切りつけられ犯人逃走中 防犯メールで注意喚起

長野県松本市村井町の私立小中一貫校「才教学園」で7月3日午後、学園敷地内に侵入した男(不審者)が女性職員を切りつけて逃走している切りつけ事件傷害事件)が起き、長野県警や教育委員会が防犯メールや防災無線を使用して周辺の住人に外出を控えるように注意喚起を呼び掛けています。犯人は現在も逃走中です。

これまでに才教学園から逃げた男の特徴や年齢などは公表されておらず、現在も刃物を持って逃走している可能性も考えられることから、戸締まりの確認や不要な外出は控えるなど注意が必要です。警察がヘリコプターを出動させ上空から犯人を捜しています。

その後、切られた女性職員が「黒っぽい服装の上下に、白色のマスクを着用した男に切りつけられた」などと話していることが判明。現在も逃走中です。

以下、松本市村井町の才教学園で起きた切りつけ事件(傷害事件)に関する詳細です。

(7月4日午前0時頃に追記しました)

小中一貫の私立「才教学園」で切りつけ事件発生、乱入した男が女性職員を切りつけ逃走中

小学校と中学校が同じ校舎に入る私立の小中一貫校で女性職員が男に切りつけられ負傷したこの事件は7月3日午後1時35分頃、長野県松本市村井町北2丁目の私立小中一貫校で児童生徒450人が通う「才教学園」(さいきょうがくえん)の敷地内に無断で進入していた男(不審者)が女性職員を切りつけて逃走した事件です。

才教学園の職員から「女性職員が男に切りつけられた」と警察に通報があり事件が発覚。警察と救急隊が駆け付けたところ被害者の女性職員は腕を切りつけられ負傷しましたが、命に別状はないということが分かっています。

被害者の女性はゴミを捨てるため校舎の外に出たところで上下黒の服を着た男と鉢合わせになり、突然、持っていた刃物で腕を切りつけられたという。男は校舎の中には入らずそのまま現場から立ち去って逃走しているということです。男を目撃したのはこの女性1人だという。

学園内では午後1時35分頃に「不審者が侵入した」と校内放送があり、教室のドアに机でバリケードを作ったり鍵を掛けた後、講堂に移動して説明を受けたという。

また、松本市内や周辺の小中学校では帰宅する時間帯となることから、保護者に連絡して迎えに来て貰ったり学校の教師らが付き添って下校するなどの対応が取られました。

犯人の男(年齢不詳)は犯行後に逃走しており、警察が緊急配備を敷くなどして逃げた男の行方を追っているということです。

また、この事件で犯人が逃走していることを受け、長野県警や市教育委員会は注意を呼び掛ける防犯メール(男は逃走しています。不要な外出は控え十分ご注意下さい)を送信しており、才教学園の周辺に住む人への注意喚起が呼び掛けられています。

これまでに逃げた男の特徴や年齢・服装などは公表されておらず、なぜ学校の女性職員を切りつけたのかなど事件の経緯も不明。その後、女性職員の証言で「上下黒の服に白マスクをした男」と判明しました。

この才教学園で起きた切りつけ事件(傷害事件)に関して、逃走中の犯人に関する情報や続報・最新情報があれば追って更新していく予定です。(追記しています)

事件現場となった才教学園の校舎内の様子
(事件現場となった才教学園の校舎内の様子)

長野県松本市の才教学園で切りつけ事件発生、犯人の男が逃走中…Twitterの声

長野県松本市の才教学園で切りつけ事件発生 女性職員が男に切りつけられ犯人逃走中 防犯メールで注意喚起

1 個のコメント


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。