名古屋市千種区今池でひき逃げ事件 金木崇さんが車に轢かれ重傷 服のタイヤ痕から逃げた車を捜索

名古屋市千種区今池でひき逃げ事件 金木崇さんが車に轢かれ重傷 服のタイヤ痕から逃げた車を捜索

愛知県名古屋市千種区今池5丁目の繁華街の一角で7月3日未明、三重県松阪市の会社員・金木崇さんが血を流して倒れているのをパトロール中の警察官が発見したひき逃げ事件がありました。男性は足を骨折するなど重傷ですが命に別状はなく、服にタイヤ痕が付いていたことからひき逃げ事件として逃げた車の行方を追っています。

これまでに逃げた車を運転していた容疑者は逮捕されておらず、周辺の防犯カメラ映像の解析や目撃者を捜すなど捜査を開始しました。

その後の調べで、ゴミ収集車を運転していた藤野春夫(ふじのはるお)容疑者を逮捕しました。路上に横たわっていた金木崇さんを車で轢き、足の骨を折るなど重傷を負わせて現場から逃走した疑いがもたれています。

以下、名古屋市千種区今池の路上で起きたひき逃げ事件に関する詳細です。

(7月4日午後1時頃に追記しました)

愛知県名古屋市千種区今池の路上でひき逃げ事件、会社員の男性がひき逃げされ重傷

38歳の会社員の男性が車に轢かれて重傷を負ったこのひき逃げ事件は7月3日午前5時頃、名古屋市千種区今池5丁目の路上をパトロールしていた警察官が路上で血を流して倒れている男性を発見。男性の身元は三重県松阪市在住の会社員・金木崇(かねきたかし)さん(38)で、駆け付けた救急車が病院へ搬送しました。

金木崇さんは搬送先の病院で治療を受けていますが、骨盤や右足を骨折するなど重傷を負いましたが命に別状はないということです。

その後、警察が事故現場での検証や男性が来ていた服を詳しく調べたところ、服に車のものと思われるタイヤ痕が付いていたことから、車に轢かれたひき逃げ事件と断定。周辺に設置された防犯カメラ映像の解析や目撃者を捜すなど、捜査を始めました。

警察が周辺の防犯カメラ映像を解析した結果、男性が轢かれた時間帯にゴミ収集車が走っていたことが判明。運転していた愛知県春日井市在住の会社員・藤野春夫(ふじのはるお)容疑者(58)が事業ゴミを回収する車を運転中、道路に横たわっていた金木崇さんの足などを轢いて現場から逃げたひき逃げ容疑で逮捕しました。

警察の調べに対して「現場を通ったことは間違いないが人をひいた覚えはない」と容疑を否認しているということです。

このひき逃げ事件が起きた路上は地下鉄今池駅の東約100メートルの飲食店などが密集する繁華街の一角で、周辺にはイオン今池店など商業施設がある場所です。

金木崇さんが倒れていた路上:愛知県千種区今池5丁目の繁華街
(金木崇さんが倒れていた路上:愛知県千種区今池5丁目の繁華街)
名古屋市千種区今池でひき逃げ事件 金木崇さんが車に轢かれ重傷 服のタイヤ痕から逃げた車を捜索

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。