東武東上線で人身事故 女性2人が線路に立ち自殺を図り死亡 心中した可能性も視野に捜査

東武東上線で人身事故 女性2人が線路に立ち自殺を図り死亡 心中した可能性も視野に捜査

埼玉県東松山市下青鳥の東武東上線・高坂~東松山駅間の踏切付近で7月3日深夜、2人の女性が線路内に立ち入り池袋発森林公園行きの準急列車にはねられ死亡する人身事故がありました。警察は運転士の話などから女性が踏切から飛び込むように線路内に入ってきて、自殺を図った可能性が高いとみて詳しく調べています。

死亡した女性らの身元や年齢については明らかになっておらず、事故の原因と自殺であれば心中した可能性が高いとみて警察が詳しく調べている状況です。

以下、東武東上線で起きた人身事故(心中自殺)に関する、これまでに分かっている情報です。

埼玉県東松山市の東武東上線で2人の女性が線路に進入し電車にはねられ死亡する人身事故発生、事故と自殺の両面で捜査

女性2人が線路に立ち、走ってきた準急電車にはねられ死亡したこの人身事故は7月3日午前0時50分頃、埼玉県東松山市下青鳥の東武東上線・高坂駅と東松山駅の間の線路上で女性2人が電車にはねられ死亡した事故です。直前に運転士が線路の上に立つ2人の女性を目撃していることから、2人が自殺を図った可能性が高いとみられています。

死亡した女性2人は池袋発森林公園行きの準急列車(10両編成)にはねられ死亡しましたが、これまでに身元については分かっておらず警察が調べている。

事故当時、踏切の遮断機は下りていましたが、女性らが外から飛び込むように線路内に入ってきて線路の上に立っているのを51歳の男性運転士が目撃しているということで、警察が身元確認を進めると共に自殺と事故の両面で調べています。2人が心中を図った可能性もあると考えられる。

女性らは電車にはねられた際、即死したとみられており遺体の損傷が激しく身元の特定には時間が掛かるということです。

この人身事故の影響で東武東上線は高坂駅と森林公園駅の間の下り線で2時間近く運転を見合わせ、乗客約200人に影響がありました。また、事故車両に乗っていた乗客ら約50人にケガはありませんでした。

女性2人が電車にはねられ死亡した踏切:東武東上線・高坂~東松山駅間
(女性2人が電車にはねられ死亡した踏切:東武東上線・高坂~東松山駅間)
東武東上線で人身事故 女性2人が線路に立ち自殺を図り死亡 心中した可能性も視野に捜査

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。