三重県津市河芸町の国道23号で交通事故 近藤雄貴さんが運転する軽自動車が中央分離帯に衝突し大破 男性3人が重傷

三重県津市河芸町の国道23号で交通事故 男性4人が乗る軽自動車が中央分離帯に衝突し大破

三重県津市河芸町東千里の国道23号で7月2日未明、滋賀県から仕事で来ていた近藤雄貴さんが運転する男性4人が乗った軽自動車が中央分離帯に衝突・横転する交通事故が起き、車に乗っていた宮地隆希さんと蒲原航樹さんの2人が意識不明の重体となっています。運転手の男性が重傷で同乗していた21歳の男性は軽傷だということです。

警察が事故現場の国道23号線の一部区間を通行止めにして現場検証を行なっていますが、現場にブレーキ痕はなく軽自動車がハンドル操作を誤って中央分離帯に衝突した後、横転したとみられています。

以下、津市河芸町東千里の国道23号線で起きた、男性3人が重傷となっている交通事故に関する詳細です。

三重県津市河芸町の国道23号の下り線で軽自動車が中央分離帯に衝突・横転する事故発生、男性3人が重傷

18歳から22歳の男性4人が乗る軽自動車が中央分離帯に衝突して横転・大破したこの交通事故は7月2日午前4時10分頃、津市河芸町東千里の国道23号の下り線で「軽自動車が中央分離帯に衝突して横転してる」と通行人の男性から警察に通報があった事故です。

警察が駆け付けると事故現場の道路で横転した軽自動車を発見。車の中では男性4人が折り重なって倒れており、4人全員が病院へ搬送されました。このうち、佐賀県に住む宮地隆希(みやちりゅうき)さん(22)と蒲原航樹(かもはらこうき)さん(18)が意識不明の重体。

男性4人が乗った車が衝突した中央分離帯:三重県津市東千里の国道23号の下り線
(男性4人が乗った車が衝突した中央分離帯:三重県津市東千里の国道23号の下り線)

事故を起こした軽自動車を運転していた近藤雄貴(こんどうゆうき)さん(21)が重傷を負ったほか、同乗していた21歳の男性が軽傷だということで、車に乗っていた4人のうち3人が重体・重傷となっています。

軽自動車に乗っていた4人は仕事のため佐賀県から三重県に来ていたということで、警察が当時の状況や事故の原因について詳しく調べています。

事故が起きた場所は津市河芸町東千里の国道23号の下り線で緩やかな左カーブになっている片側2車線の道路。中央分離帯に衝突し大破したとみられ、現場にブレーキ痕がなかったことからハンドル操作を誤った可能性が高いということです。

近藤雄貴さんが運転していた大破した軽自動車
(近藤雄貴さんが運転していた大破した軽自動車)
三重県津市河芸町の国道23号で交通事故 男性4人が乗る軽自動車が中央分離帯に衝突し大破