愛知県一宮市あずらで殺人未遂事件 江田真一容疑者が派遣会社の社員寮で同僚を刺し殺そうとした疑いで逮捕

愛知県一宮市あずらで殺人未遂事件 江田真一容疑者が派遣会社の社員寮で同僚を刺し殺そうとした疑いで逮捕

愛知県一宮市あずら1丁目の派遣会社の社員寮として使用されていた集合住宅で7月1日夜、派遣社員・江田真一容疑者が49歳の同僚の男性の背中を果物ナイフで刺して殺害しようとした殺人未遂事件があり、ナイフで同僚を襲った男が殺人未遂容疑で逮捕されました。警察が事件の経緯や2人の間にトラブルがなかったかど詳しく調べています。

江田真一容疑者は通報で駆け付けた警察官に対し容疑を認める供述をしたため、一宮署に同行した上で事情を聴き逮捕されましたが、容疑者と同僚の間に何らかのトラブルがあったとみて事件が起きた経緯を調べると共に、同じ派遣会社に登録していた男性間で事件が起きたことからトラブルの有無についても捜査を進めている。

以下、一宮市あずら1丁目の集合住宅で起きた殺人未遂事件(殺傷事件)に関する詳細です。

愛知県一宮市あずらの社員寮で江田真一容疑者が同僚を果物ナイフで刺した殺人未遂容疑で逮捕、2人の間にトラブルか

社員寮の一室で47歳の男が同僚の49歳の男性を果物ナイフで刺して殺そうとした疑いで逮捕されたこの殺人未遂事件は7月1日午後8時45分頃、一宮市あずら1丁目の社員寮として使われている集合住宅の一室で一宮市あずら在住の派遣社員・江田真一容疑者(47)が49歳の同僚の男性を刃渡り12.4センチの果物ナイフで刺した事件。

事件現場に居合わせた同僚が警察に通報したことで事件が発覚。駆け付けた警察官が江田真一容疑者に事情を聴いたところ、容疑を認めたため署に同行した後、殺人未遂容疑で逮捕した。

果物ナイフで背中を刺されて病院へ搬送された49歳の同僚の男性は外傷性血気胸などで重傷だが、命に別条はないという。

警察のこれまでの捜査で2人の関係は同じ派遣会社に登録する同僚とみられ、事件現場はこの派遣会社が社員寮として使用している集合住宅の3階一室だという。

江田真一容疑者はこの社員寮に住んでいたがナイフで刺された男性はこの社員寮には住んでいなかった模様。また、事件現場に別の同僚が居合わせたことから少なくとも3人が集まっている時に事件が起きたのか、2人の間に何らかのトラブルがなかったかなど、警察が事件の経緯について詳しく調べている。

江田真一容疑者の逮捕容疑は一宮市あずら1丁目の集合住宅の一室で男性の背中を果物ナイフで刺して殺害しようとした殺人未遂の疑いがもたれています。

愛知県一宮市あずらで殺人未遂事件 江田真一容疑者が派遣会社の社員寮で同僚を刺し殺そうとした疑いで逮捕

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。