岐阜県瑞穂市の県道で交通事故 高校2年の男子高校生が車にはねられ意識不明の重体 運転手の女から事情聴く

岐阜県瑞穂市の県道で交通事故 高校2年の男子高校生が車にはねられ意識不明の重体 運転手の女から事情聴く

岐阜県瑞穂市古橋の県道204号と市道が交わる交差点で6月30日朝、信号機や一時停止の標識がない交差点を自転車で横断しようとした17歳の男子高校生(高校2年)が18歳の女性が運転する車と衝突する交通事故があり、男子高校生が病院に搬送されましたが頭などを強く打ち意識不明の重体となっています。

警察が事故原因を調べていますが、事故当時は雨が降っていたものの見通しは良く、車の運転手も「ぶつかるまで気付かなかった」と話していることから、前方不注意だった可能性が高いとみて運転手の女性から詳しい事情を聴いています。

以下、岐阜県瑞穂市古橋で17歳の男子高校生が車にはねられた交通事故に関する詳細です。

岐阜県瑞穂市古橋の交差点で男子高校生がはねられ意識不明の重体となる事故発生、車を運転していた18歳の女性から事情聴く

雨の中、通っている高校に通学途中だった17歳の男子高校生が車にはねられ意識不明の重体となっているこの事故は6月30日午前7時過ぎ、岐阜県瑞穂市古橋の県道204号と市道が交わる信号機のない交差点を自転車で渡ろうとしていた17歳の男子高校生が走ってきた車にはねられ救急車で病院に搬送された事故です。

車にはねられた男子高校生は岐阜県大垣市内にある高校に通学途中で事故当時、現場一帯には雨が降っており雨具(カッパ)を着ていましたが見通しは良く、車を運転していた18歳の女性は「ぶつかるまで自転車に気付かなかった」と話しており、警察が当時の状況など詳しい事情を聴いています。

男子高校生をはねた18歳の女性が運転していた軽自動車
(男子高校生をはねた18歳の女性が運転していた軽自動車)

事故現場の場所は岐阜県瑞穂市古橋の県道204号と市道が交わる信号機や一時停止の標識のない交差点で、すぐ近くには古橋バス停があり周囲は田んぼや畑が多い地域です。

男子高校生がはねられた県道204号線の交差点:岐阜県瑞穂市古橋
(男子高校生がはねられた県道204号線の交差点:岐阜県瑞穂市古橋)
岐阜県瑞穂市の県道で交通事故 高校2年の男子高校生が車にはねられ意識不明の重体 運転手の女から事情聴く

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。