品川区南大井の殺人未遂事件で菅沼信治容疑者を逮捕 家賃滞納から女性を殴打し殺害しようとした疑い

品川区南大井の殺人未遂事件で菅沼信治容疑者を逮捕 家賃滞納から女性を殴打し殺害しようとした疑い

東京都品川区南大井1丁目で6月20日に起きた通り魔・殺人未遂事件で自転車に乗って通勤中だった68歳の女性が男に殴られ意識不明の重体となっていましたが、30日に近所に住む無職・菅沼信治(すがぬまよしはる)容疑者が殺人未遂容疑で逮捕されました。逮捕された61歳の男は家賃を滞納しており、逆恨みから女性を殴り殺害しようとした疑いがもたれています。

殺人未遂容疑で逮捕された菅沼信治容疑者は被害者の68歳の女性が務める不動産会社が管理するアパートに住んでおり、家賃の滞納から「近所の人に悪口を言われたと思った」と供述しており逆恨みで女性の頭を鈍器のようなもので複数回殴って殺害しようとしたとみられている。

以下、品川区南大井1丁目の通り魔・殺人未遂事件で近所に住む菅沼信治容疑者が逮捕された事件に関する詳細です。

東京都品川区南大井の通り魔・殺人未遂事件(殴打事件)で菅沼信治容疑者を逮捕、家賃滞納巡る逆恨みから犯行か

自転車に乗っていた68歳の女性が路上で男に殴られ一時、意識不明となり近所に住む61歳の男が逮捕されたこの殺人未遂事件は6月20日午前9時45分頃、東京都品川区南大井1丁目の路上で近くに住む68歳の会社員の女性が自転車で通勤中、鈍器のようなもので複数回殴られて頭から大量の血を流して倒れているのが見つかった事件。

警察が周辺の防犯カメラ映像を解析するなど捜査を進めた結果、品川区東大井在住の無職・菅沼信治(すがぬまよしはる)容疑者(61)が女性を殴った疑いが強まり、6月30日に殺人未遂容疑で逮捕されました。菅沼信治容疑者は約10年前から女性が務める不動産会社が管理するアパートに住んでいましたが、家賃を滞納していました。

滞納額は約40万円で被害者の女性が月に1回程度、部屋を訪れてポストの中に家賃の支払いを求める督促状を投函していたという。菅沼信治容疑者は警察の調べに対して「近所に悪口を言いふらされた」「逆恨みではない」と供述していますが、逆恨みから犯行に及んだ可能性が高いとみて動機を追及する方針だという。

これまでの捜査で警察は防犯カメラ映像に菅沼信治容疑者が自転車に乗って事件現場となった品川区南大井1丁目の路上まで来ていたことが分かっており、容疑者宅の家宅捜索で自転車などが押収されていました。菅沼信治容疑者と被害者の女性は約10年前から面識がありましたが、家賃の滞納を巡る逆恨みから事件が起きたとみられています。

容疑者のことを知る周辺の住人は「あいさつをしない人だった」「(菅沼信治容疑者が)2階の部屋からゴミを落として住人が困っていた」と話すなど、近所付き合いがなくあまり良い関係ではなかったということが分かっています。

通勤中に男に殴られ意識不明となっていた女性は意識不明の重体となっていましたが、現在は意識が回復し病院で治療を受けています。

品川区南大井の殺人未遂事件で菅沼信治容疑者を逮捕 家賃滞納から女性を殴打し殺害しようとした疑い

1 個のコメント