中央区銀座で金塊3キロが持ち逃げされる事件 中国人女性が渡した金塊を持ち逃げ?横領容疑で捜査を開始

中央区銀座で金塊3キロが持ち逃げされる事件 中国人女性が渡した金塊を持ち逃げ?横領容疑で捜査を開始

東京都中央区銀座5丁目の商業ビルで6月29日昼前、自称・40代の中国人女性1キロの金塊3本(3キロ・1500万円相当)の換金を頼んだ男が金塊を持ち逃げしたとみられる事件が起き、警察が横領容疑で逃げた男の行方を追っています。金塊を持っていた女性と逃走している男に面識はなく、知人を介して事件当日に会ったとみられています。

警察は事件現場となった銀座周辺に捜査員を配置。銀座周辺は逃げた男の行方を捜すため、多くの警察官が巡回しているということです。

以下、中央区銀座5丁目で3キロの金塊が盗まれた事件に関する、これまでに分かっている情報です。

銀座の商業ビルで1500万円相当の金塊が持ち逃げされる事件発生、中国人女性が金塊を渡した男が逃走

1500万円相当の金塊3本の換金を頼んだ男が持ち逃げし警察が捜査を始めたこの事件は、6月29日午前11時半頃、東京都中央区銀座5丁目の商業ビルの施設内で自称40代の中国人女性が金塊の換金を頼んだ男がそのまま逃げたとみられる事件で、この女性が近くの交番に駆け込み警察に通報があり発覚した事件です。

中国人の女性が換金を頼んだ男は女性の知り合いに紹介された人物と話しており、女性の話ではそのまま戻ってこなかったという。

男が持ち去ったのは重さ1キロの金塊3本で3キロ(1500万円相当)とみられており、男と待ち合わせしていたビルのフロア内で金塊を渡し、近くの貴金属専門店で換金を頼んだところ、しばらく経っても戻ってこないため警察に通報したものです。

金塊を持ち逃げした男は逃走を続けており、警視庁築地署が横領容疑で捜査を進めるなど逃げた男の行方を追っています。

東京都中央区銀座で金塊3本が持ち逃げされる事件発生、被害者は中国人女性…Twitterの声

中央区銀座で金塊3キロが持ち逃げされる事件 中国人女性が渡した金塊を持ち逃げ?横領容疑で捜査を開始