静岡県沼津市大手町で殺人・虐待事件 郷家郁也容疑者が生後2ヶ月の長女に暴行を加え殺害した容疑 日常的に虐待の疑いで捜査

静岡県沼津市大手町で殺人・虐待事件 郷家郁也容疑者が生後2ヶ月の長女に暴行を加え殺害した容疑 日常的に虐待の疑いで捜査

静岡県沼津市大手町の自宅マンションで生後2ヶ月の長女・石田璃愛(りあ)ちゃんが頭部に暴行を受けるなどして殺害される殺人事件虐待事件)があり、父親の郷家郁也(ごうけふみや)容疑者が殺人容疑で逮捕されました。郷家郁也容疑者は当時16歳の内縁の妻と長女と3人で暮らしていましたが、犯行当時、妻は外出していました。

警察は殺人容疑で逮捕した父親(実父)郷家郁也容疑者の認否を明らかにしていませんが、殺害された石田璃愛さんの遺体を司法解剖した結果、女児の死因は頭部損傷と判明。日常生活ではあり得ないくらいの強い衝撃が頭部に加えられたことで死亡に至ったとみられています。

虐待が日常的に行なわれていた可能性も視野に事件の経緯や動機についても捜査を進めています。

以下、沼津市大手町のマンションで起きた、生後2ヶ月の女児が殺害された殺人・虐待事件の詳細です。

父親の郷家郁也容疑者が生後2ヶ月の長女に暴行加え殺害した疑いで逮捕、日常的に虐待をしていた疑いを視野に捜査

23歳の父親の男が生後2ヶ月の長女の頭を殴るなどして殺人容疑で逮捕されたこの殺人事件(虐待事件)は2016年12月2日、会社員・郷家郁也(ごうけふみや)容疑者(23)が沼津市大手町2丁目の自宅マンションの部屋の中で当時16歳の内縁の妻との間に生まれた長女・石田璃愛(りあ)ちゃんの頭部に暴行を加えるなどして殺害した疑いがもたれている。

逮捕された父親の郷家郁也容疑者は昨年の12月2日に自身の子供で生後2ヶ月の石田璃愛ちゃんの頭部を殴るなどして暴行を加えた際、犯行後に意識不明の重体の状態となった長女を車で病院に連れていき「子供を落としてしまった」などと説明し、約1週間後の12月9日に搬送先の病院で死亡が確認されました。

長女の治療をしていた病院から「虐待の疑いがある子供がいる」と静岡市の児童相談所に通報があったことで事件が発覚。通報を受けた警察が捜査を進めていましたが、父親の男が暴行を加えて殺害した疑いが強まったとして殺人容疑で逮捕されました。

郷家郁也容疑者は当時16歳の内縁の妻と殺害された長女の3人で暮らしており、秋頃に引っ越してきたという。同じマンションに住む男性によると子供の泣き声や怒鳴り声などは聞こえなかったと話しています。

犯行当時、妻は仕事(アルバイト)で外出しており容疑者と長女が2人きりの時に犯行に及んだとみられています。

警察は認否を明らかにしていませんが、これまでの調べで殺害された長女の頭部に複数の損傷があったことが分かっており、虐待が日常的に行なわれていた可能性もあるとみて事件の経緯や動機についても追及する方針を固めています。

殺人容疑で逮捕された郷家郁也容疑者の自宅
(殺人容疑で逮捕された郷家郁也容疑者の自宅)

静岡県沼津市大手町で殺人・虐待事件、父親の郷家郁也容疑者が生後2ヶ月の長女を殺害した疑いで逮捕…Twitterの声

静岡県沼津市大手町で殺人・虐待事件 郷家郁也容疑者が生後2ヶ月の長女に暴行を加え殺害した容疑 日常的に虐待の疑いで捜査

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。