阿蘇山で爆発的噴火 噴石と火山灰が市内に降り注ぐ=阿蘇市内では大噴火の目撃、降灰予測は関西・中国・四国地方

阿蘇山で爆発的噴火 噴石と火山灰が市内に降り注ぐ=阿蘇市内では大噴火の目撃、降灰予測は関西・中国・四国地方

10月8日午前1時46分頃、熊本県阿蘇市・阿蘇山の中岳第一火口で爆発的噴火を確認し、噴火警戒レベルを2から3の入山規制に引き上げたと気象庁が発表しました。阿蘇山の爆発的噴火での噴煙は、気象レーダーひまわりでも確認され、噴煙高度は約1万1000メートルにまで上ったという。

Twitterには阿蘇山周辺に住む方の投稿が相次ぎ、この大噴火を「爆発したみたいだった」と表すと共に、噴石の様子を撮影した動画が投稿されている。また、火山灰の降灰も凄まじいもので、阿蘇山に近い場所では車のボンネットに降り注いだ火山灰の写真などが相次いで投稿されています。

8日午前4時から行われた気象庁の会見では、風向きなどから算出した降灰予測地域では、火山灰は関西・中国・四国にまで達する可能性があると発表されると共に、阿蘇山の火口周辺での小さな噴石や火山ガスにも注意を呼びかけています。

10月8日から3連休ですが、この阿蘇山の爆発的噴火によって、鹿児島県内に来る予定だった観光客にも影響が出そうです。

阿蘇山周辺の消防本部では、爆発的噴火の直後に「硫黄化合物の臭い」がしたということです。爆風も確認されており、同消防本部の窓ガラスが大きく揺れたとのこと。

内閣府の防災担当からも正式声明があり、阿蘇山への登山禁止・入山規制の指示に従うよう、注意喚起が呼びかけられています。

阿蘇山噴火で噴石が降り注ぐ…轟音を撮影した動画

いきなり大雨降ってきたと思ったら阿蘇山噴火して石降ってきてたw
↓雨音ではありません火山噴出物音です

大量の火山灰が車を覆ってしまった写真

阿蘇山から北に40キロ離れた大分県でも噴煙確認

阿蘇山から約40キロ離れた、大分県九重町のコンビニエンスストアでも駐車場に止まっていた車のボンネットに噴煙とみられる灰が薄く積もっていると話しているように、かなりの距離まで噴煙が飛んでいることがわかります。

降灰予測は関西・中国、四国地方まで及ぶ可能性

この噴火での噴煙高度は「気象衛星ひまわり」で観測したデータなどから、1万1000mまで上がったと確認されており、風向きなども考慮すると、噴煙は北東方向に流れており、降灰予想は最大で兵庫県南あわじ市まで噴煙が届く可能性があるとのことです。

下の写真は噴煙を捕らえた気象庁の気象衛星ひまわりで観測した衛星画像(雨雲レーダー画像)です。

阿蘇山噴火 気象庁レーダーが捕らえた噴煙2
阿蘇山噴火 気象庁レーダーが捕らえた噴煙3
阿蘇山噴火 気象庁レーダーが捕らえた噴煙4

阿蘇山噴火 噴煙の衛星画像1
阿蘇山噴火 噴煙の衛星画像2
阿蘇山噴火 噴煙の衛星画像3
阿蘇山噴火 噴煙の衛星画像4

噴火の影響で阿蘇市内などが一時停電

九州電力熊本支店などの発表では、噴火直後に熊本県阿蘇市内の一部、約1600世帯で停電が起きましたが、しばらくして復旧が確認されています。

この停電被害は、熊本県阿蘇市にある阿蘇広域行政事務組合消防本部や、阿蘇市黒川にある「阿蘇の司ビラパークホテル」などからも報告されましたが、8日午前3時現在で復旧しました。

熊本県阿蘇市の職員の方は「市役所の建物や町全体が停電で真っ暗な状態」と話していました。

熊本県の阿蘇山が大噴火、爆発的な噴火を確認「噴石と火山灰が酷い」Twitterの声

10月8日午前1時46分頃、熊本県の阿蘇山で起きた爆発的噴火によって、噴石や火山灰の降灰の報告が相次いでいます。

噴火直後から阿蘇市内の一部では停電していましたが、間もなくして復旧したということです。

気象庁の衛星「気象衛星ひまわり」から撮影したレーダー画像でも噴煙が確認され、噴煙の高さは約1万1000メートルに上ったということです。降灰は8日早朝にかけ、阿蘇山から北東報告に流れるという予想で、関西・中国・四国地方でも降灰が予想されるとのことです。

阿蘇山で爆発的噴火 噴石と火山灰が市内に降り注ぐ=阿蘇市内では大噴火の目撃、降灰予測は関西・中国・四国地方

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)