安城市横山町の長田川で殺人事件?臼井武久さんの遺体が見つかり事件と事故の両面で捜査を開始

安城市横山町の長田川で殺人事件?臼井武久さんの遺体が見つかり事件と事故の両面で捜査を開始

愛知県安城市横山町の長田川で6月26日午前、近くに住む会社員・臼井武久さんの遺体が川の中に沈んでいるのが見つかる事件があり、警察が殺人死体遺棄などの事件と事故で死亡した両面で捜査を開始しました。遺体で見つかった男性の身元は持っていた免許証で判明しましたが、死因は明らかになっておらず警察が司法解剖を行なうなどして詳しく調べています。

臼井武久さんの遺体の首には刃物のようなもので切りつけられて付いたとみられる傷があり、首を切られ殺害された可能性が高いとみて死亡の経緯を捜査しているという。

以下、安城市横山町の長田川で男性の遺体が見つかった事件に関する、これまでに判明している情報です。

愛知県安城市横山町の長田川で死亡した男性遺体が見つかり事件と事故の両面で捜査、殺害後に遺棄された可能性も

川の中央で男性の遺体が見つかり、殺人や死体遺棄などの可能性があるこの事件は、6月26日午前6時頃に安城市横山町の長田川(おさだがわ)で通行人から「川の中に人が沈んでいる」と警察に通報があり発覚したもの。通報で駆け付けた愛知県警安城署の警察が川の中央で頭を上流側に向け、うつ伏せ状態で倒れている男性を発見。

見つかった時には既に男性は死亡しており、所持品の中に免許証があり遺体の身元は近くに住む会社員・臼井武久(うすいたけひさ)さん(49)と判明。

臼井武久さんは遺体で見つかった当時、川の中でうつ伏せの状態で倒れていましたが着ていた服などに乱れはなかったということですが、首には刃物のようなもので切りつけられたような傷があり警察が遺体の司法解剖を行なうなどして死因などを詳しく調べています。

警察は長田川で遺体で見つかった男性が何者かに殺害された殺人事件や別の場所で殺害された後に川の中に死体を捨てた死体遺棄事件と事故の両面で捜査を始めており、臼井武久さんが死亡した経緯やトラブルに巻き込まれていなかったかなど調べを進めている状況。

長田川の死体が見つかった場所は川幅約2メートルほどの用水路で、周囲は田んぼに囲まれ住宅地や商業施設が点在する地区の一角です。

この安城市横山町の長田川の中で男性の遺体が見つかった事件に関して、続報や最新情報があれば追って更新していく予定です。

臼井武久さんの遺体が沈んでいた長田川:愛知県安城市横山町
(臼井武久さんの遺体が沈んでいた長田川:愛知県安城市横山町)
安城市横山町の長田川で殺人事件?臼井武久さんの遺体が見つかり事件と事故の両面で捜査を開始

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。