吹田駅で人身事故 線路に飛び込んだ男性の体が跳ね飛ばされホームの男性に直撃 自殺図った男性は心肺停止状態

吹田駅で人身事故 線路に飛び込んだ男性の体が跳ね飛ばされホームの男性に直撃 自殺図った男性は心肺停止状態

大阪府吹田市の吹田駅の駅構内で6月22日午前11時45分頃、37歳の男性が吹田駅のホームから線路に飛び込む人身事故が起きました。列車のフロントガラスと接触した男性の体が跳ね飛ばされ、駅のホームに居た42歳の男性と3歳の子供に体が直撃しました。自殺を図ったとみられる男性は死亡が確認され、巻き添えになった親子は重傷です。

吹田駅で起きたこの人身事故は清掃員の男性から「男性が電車に飛び込み意識がない」と通報があり発覚した事故で、警察が詳しく調べていますが37歳の男性が自殺を図ったとの見方が強い。

跳ね飛ばされた体が直撃し巻き込まれた42歳の男性と3歳の男の子は足の骨を折るなど重傷を負い、病院で治療を受けています。また、飛び込んだ男性は神戸市東灘区在住だということです。

以下、吹田駅で起きた駅ホームに居た親子が巻き込まれた人身事故に関する詳細です。

(6月22日午後8時頃に追記しました)

大阪府吹田市のJR吹田駅で人身事故発生、駅のホームから飛び込んだ男性が跳ね飛ばされ親子が巻き添えになる事故

ホームから線路に立ち入り列車と接触し、跳ね飛ばされた男性の体が駅のホームにいた親子に直撃したこの人身事故は6月22日午前11時45分頃、大阪府吹田市のJR京都線・吹田駅の構内で神戸市東灘区の37歳の男性が吹田駅のホームから線路に飛び込み列車と接触した事故。

飛び込み自殺を図ったとみられる男性の体は列車のフロントガラスに接触して跳ね飛ばされ、吹田駅のホームにいた42歳の男性と3歳の子供の親子に直撃しました。飛び込んだ37歳の男性は心肺停止状態で救急搬送され間もなく死亡。男性の体が直撃した親子は足の骨を折るなど重傷で、搬送先の病院で治療を受けています。

この人身事故は清掃員の男性から「男性が電車に飛び込み意識がない」と通報があり発覚したもので、警察が事故当時の状況を調べています。これまでに遺書などは見つかっていないということですが、吹田駅のホームから線路に飛び込んで自殺を図った可能性が高いという。

この吹田駅のホームで起きた人身事故の影響でJR京都線は大阪駅~京都駅間の上下線で一時運転を見合わせていましたが、午後0時50分頃に全線で運転を再開しています。

吹田駅のホームから飛び込んだ男性と接触した列車:
(吹田駅のホームから飛び込んだ男性が接触しフロントガラスが大破した列車)

ツイッターには吹田駅のホームから飛び込んだ男性が接触した列車の粉々に割れたフロントガラスや該当車両が停車している様子を写真が投稿されており、かなりの衝撃だったことが伺えます。

吹田駅で人身事故発生、37歳の男性が線路に飛び込み42歳の男性と3歳の男の子が巻き添えに…Twitterの声

吹田駅で人身事故 線路に飛び込んだ男性の体が跳ね飛ばされホームの男性に直撃 自殺図った男性は心肺停止状態

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。