栃木県宇都宮市ゆいの杜で殺人事件 女が同居人の高齢男性の首を絞めて殺害した容疑で逮捕へ 自ら警察に通報し発覚

栃木県宇都宮市ゆいの杜で殺人事件 女が同居人の高齢男性の首を絞めて殺害した容疑で逮捕へ 自ら警察に通報し発覚

栃木県宇都宮市ゆいの杜のアパートで6月22日朝、部屋の中で70代前後の高齢男性が倒れているのが見つかり、警察が殺人事件の可能性が高いとみて捜査を開始しました。男性は搬送先の病院で死亡が確認され、警察に「首を絞めた」と自ら通報した同居人の60代の女(氏名非公表)から事情を聴いており、容疑が固まり次第、殺人容疑で逮捕する方針だという。

女に首を絞められて殺害された可能性が高い70代の男性は内科系の重い病気を患っていたということで、警察は男性の身元や死因について調べています。また、殺人容疑で逮捕される見通しの女がなぜ首を絞めたのかなど事件の経緯や動機についても捜査を進める方針だという。

その後の調べで同居する内縁の夫・菅谷典道さんを放置し22日に死亡させた同居人・猪瀬ミヤ子容疑者を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕しました。

当初、首を絞めたと警察に通報していたが司法解剖の結果、病死と判明。猪瀬ミヤ子容疑者が殺害していないことが分かり、容疑者が事情を聴いています。

以下、宇都宮市ゆいの杜のアパートで起きた殺人事件に関する詳細です。

(6月23日午後1時頃に追記しました)

栃木県宇都宮市ゆいの杜のアパートで殺人事件、60代の女性が同居する男性の首を絞めて殺害した疑いで捜査を開始

60代の女性が同じ部屋に住む70代前後の男性の首を絞めて殺害した疑いがもたれているこの殺人事件は6月22日午前7時10分頃、栃木県宇都宮市ゆいの杜(もり)のアパートから女の声で「今朝、首を絞めた」と警察に通報があり発覚した事件。

通報で栃木県警宇都宮東署の警察官と救急隊が駆け付けたところ、部屋の中で70代前後の男性が心肺停止状態で倒れているのを発見。

男性は心肺停止状態で救急搬送されましたが、搬送先の病院で死亡を確認。男性の遺体に目立った外傷はなく、警察が遺体の司法解剖を行い身元や死因の特定を進めていたが、男性はこの部屋に住む菅谷典道さん(75)と判明。

その後、内縁の夫が衰弱していたのに医療機関を受診させずに放置して死亡させた疑いで、妻・猪瀬ミヤ子容疑者(67)を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕しました。「首を絞めた」と警察に通報があったが、首を絞めたような痕はなく、司法解剖の結果、病死と判明。

死亡した菅谷典道さんは数年前に胃がんのため手術で胃を摘出しており、22日に腹部などに水がたまったことによる呼吸不全で死亡したとみられています。

事情を聴いている女は死亡(殺害)された男性と事件現場のアパートの一室で同居していたとみられ、何らかの理由から女が男性の首を絞めて殺害した疑いがもたれている。警察は殺人事件の可能性が高いとみて、事件現場の状況や事件の経緯について詳しく調べています。

搬送後に死亡が確認された男性は以前から内科系の重い病気を患っていたということで、死亡や事件の動機との関連についても調べを進める方針だという。

これまでに殺害された可能性が高い男性と事情を聴かれている女の名前や住所などは公表されておらず、続報や最新情報があれば追って更新していく予定です。(追記しています)

男性と女が同居していた事件現場のアパートの場所は宇都宮市東部の清原工業団地の北側にある「テクノポリスセンター地区」の一角で、周辺には産業施設やホームセンターなどが立ち並ぶ場所です。

男性が殺害された可能性が高いアパート: 事情聴取を受けている女と男性が同居していた部屋
(男性が殺害された可能性が高いアパート:事情聴取を受けている女と男性が同居していた部屋)

栃木県宇都宮市ゆいの杜で殺人事件 女が同居人の高齢男性の首を絞めて殺害した容疑で逮捕へ 自ら警察に通報し発覚