みずほ銀行渋谷支店の爆弾騒ぎ 中身は服、犯人の身柄確保=宮益坂下~スクランブル交差点が一時封鎖され騒然

みずほ銀行渋谷支店で爆弾騒ぎ 中身は服、犯人の身柄確保=宮益坂下~スクランブル交差点が一時封鎖され騒然

7日午後1時20分頃、東京都渋谷区渋谷1丁目の「みずほ銀行渋谷支店」で爆弾とみられる不審物が発見され、現場周辺には大量の警察官と爆発物処理班まで出動する騒ぎに。みずほ銀行渋谷支店周辺の宮益坂下~スクランブル交差点が封鎖されるなど、現場は騒然となった。

警察は、「BOMB(爆弾)」と繰り返し答えたイギリス国籍とみられる男の身柄を確保し、渋谷署にて任意で話を聞いています。この男性はイギリス籍の免許証を持っていたという。

この爆弾騒動は、10月7日午後1時20分頃、JR渋谷駅前のスクランブル交差点近くにあるみずほ銀行渋谷支店から、「不審者がキャリーバッグを放置した」と警視庁に通報で発覚。

放置されていたキャリーバッグを警視庁爆発物処理班などが出動し調べたところ、約1時間後の午後2時半頃までに、中身は衣類やパソコン、携帯電話だったことが判明。また、キャリーバッグを放置したイギリス国籍とみられる男は調べに対し、「総理大臣のボディーガードから総理がそこに行くから荷物を置くように指示を受けた」などと話しているということです。

みずほ銀行渋谷支店で起きた不審物騒動は、多くの人が行き交うスクランブル交差点が閉鎖されるなどしたため、大きな話題を呼びました。Twitterには現場の様子を撮影した写真が多く投稿された。

みずほ銀行渋谷支店で不審物発見、爆弾騒ぎで渋谷スクランブル交差点が騒然=現場の様子

宮益坂下〜スクランブル交差点が警察によって封鎖、交通規制

渋谷みずほ銀行で爆弾騒ぎ…Twitterの反応

7日午後、みずほ銀行渋谷支店で爆弾とみられる不審物が見つかり、スクランブル交差点が封鎖されるなど現場周辺は騒然となりました。

警視庁の爆弾処理班が出動しましたが、結果的に中身は爆弾ではなく衣類などが入っていたということです。

けが人が出なかったことが幸いでしたが、警視庁は身柄を確保したイギリス国籍の男から詳しい事情を聴く方針。

みずほ銀行渋谷支店で爆弾騒ぎ 中身は服、犯人の身柄確保=宮益坂下~スクランブル交差点が一時封鎖され騒然

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)