品川区南大井で通り魔・殺人未遂事件 女性が殴られ大量出血で意識不明の重体 現場から逃走した男の行方を捜査

品川区南大井で通り魔・殺人未遂事件 女性が殴られ大量出血で意識不明の重体 現場から逃走した男の行方を捜査

東京都品川区南大井1丁目の路上で6月20日朝、通勤途中の68歳の女性が自転車に乗っていたところ、後ろから鈍器で複数回殴られ意識不明の重体となっている通り魔・殺人未遂事件があり、警察が現場から逃走している男とみられる犯人の行方を捜索しています。これまでに逮捕の一報はなく逃走を続けています。

何者かに襲われた68歳の女性は病院へ搬送される直前、自分を襲った犯人について「男の服装のようだった」と話しており、女性を襲ったのは面識のない男とみられています。

女性は男に石と思われる鈍器で10回近く殴られ意識不明の重体となっていましたが、20日夜に意識が回復し警察が襲われた当時の状況について詳しく聴く方針だということです。

以下、品川区南大井1丁目の路上で女性が何者かに襲われた通り魔・殺人未遂事件に関する詳細です。

(6月21日午後0時頃に追記しました)

東京都品川区南大井1丁目の路上で通り魔・殺人未遂事件発生、現場から逃走した男の行方を捜査

品川区南大井の路上で68歳の女性が後ろから鈍器で殴られ意識不明の重体となっているこの通り魔・殺人未遂事件は6月20日午前9時45分頃、東京都品川区南大井1丁目の路上で近くに住む68歳の会社員の女性が頭から大量の血を流して座り込んでいるのを通行人が見つけて警察に通報して発覚した事件です。

通報で駆け付けた救急隊員が女性を病院に救急搬送しましたが、頭を骨折するなど意識不明の重体となっています。女性は自転車に乗って通勤途中、何者かに後ろから鈍器で複数回にわたって殴られ襲われたとみられている。

意識不明の重体となっている68歳の女性は搬送直前まで意識があり、駆け付けた警察官に「犯人は男の服装のようだった」と話しており、警視庁捜査1課は面識のない人物に襲われた通り魔事件とみて、殺人未遂の疑いで現場から逃走している男の行方を追っています。

また、女性は警察官に対し「後ろから石で何度も頭を殴られた」「殴った相手は私が来た方向に逃げていった」と説明していたということです。

女性は後ろから襲われた際、鈍器で10回近く殴られ意識不明の重体でしたが20日夜に意識が回復しました。警察が当時状況について聴く方針です。

事件直後、現場周辺には緊急配備が敷かれ女性を殴った犯人の男とみられる人物の手掛かりを捜すなど捜査を進めていますが、21日午後0時現在で逮捕の情報は入っていません。

この通り魔・殺人未遂事件が起きた現場の場所は京浜急行・立会川駅から南に200メートルほど離れた住宅街の一角で、住宅地の中を通る幅3.5メートルほどの道路です。女性の自宅と通勤先の職場は約300メートルの距離で、女性はいつもこの道を通って出勤していたという。

また、その後の調べで女性は自宅を出た直後に襲われたことが明らかとなり、周辺の防犯カメラ映像を解析したり不審者の情報がないか調べを進めています。

犯人が68歳の女性を狙って襲ったのか無差別に襲ったのかは不明で警察が捜査を進めている状況で、続報や最新情報があれば追って更新していく予定です。

68歳の女性が男に襲われた事件現場周辺の道路:東京都品川区南大井1丁目
(68歳の女性が男に襲われた事件現場周辺の道路:東京都品川区南大井1丁目)

品川区南大井で通り魔・殺人未遂事件発生、68歳の女性が鈍器で殴られ意識不明の重体に…Twitterの声

品川区南大井で通り魔・殺人未遂事件 女性が殴られ大量出血で意識不明の重体 現場から逃走した男の行方を捜査

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。