小岩駅前で火事・火災 現場周辺で爆発?トイレの外壁と廃材が燃える沿線火災が発生 一時運転見合わせの被害

小岩駅付近で火事・火災 トイレの外壁と廃材が燃える被害 沿線火災の影響で中央線と総武線で一時運転見合わせ

東京都江戸川区南小岩のJR小岩駅で6月11日夜、駅前の公衆トイレと駅の隙間で廃材などが燃える火事・火災(沿線火災)が起き、駅やトイレの外壁やゴミなど30平方メートルが燃えました。火災現場では約3回の爆発音が聞こえたということですが、これまでに出火原因は明らかになっておらず、警察と消防が詳しく調べています。

この沿線火災が起きた場所は小岩駅前の公衆トイレと駅の間にある隙間とみられており「トイレ周辺で数回の爆発音がした」という情報も出ていますが、出火原因については調査中です。

その後の現場検証で出火場所の隙間はゴミの仮置き場となっており、タバコの火の不始末などから火が出た可能性が高いとみて、詳しく調べています。爆発音については調査が続いています。

この沿線火災の影響で中央線・総武各駅停車は午後9時頃まで運転を見合わせており、その後の各路線で遅延が発生するなどの影響が出ています。

以下、小岩駅前の公衆トイレ周辺で起きた沿線火災に関する詳細情報です。

(6月13日午前0時頃に追記しました)

JR小岩駅前のトイレ付近で廃材や外壁など燃える沿線火災発生、火災現場では爆発音も

駅前の公衆トイレと駅の隙間で廃材が燃えるなどしたこの火事(沿線火災)は、6月11日午後8時40分頃、東京都江戸川区南小岩7丁目の小岩駅前に建つ公衆トイレと小岩駅の隙に置いてあった廃材やゴミなどから出火したもので、一時、火柱が上がるほど激しく燃え上がりました。

この火事で消防車13台が出動して消火活動が行われましたが、駅やトイレの外壁や廃材など30平方メートルが燃えるなどしましたが、約1時間後に消し止められています。

警察と消防が出火原因について調べており、火災現場では爆発が起きたという情報もあることから焼け跡や燃えた廃材を調べるなどしています。不審火の可能性の視野に調べている状況です。

また、中央・総武各駅停車は11日午後8時36分頃に発生した沿線火災の影響で上下線で運転を見合わせていましたが、午後9時頃までに運転を再開していますが、駅利用者など1万6400人に影響が出たということです。

この火事でケガ人は確認されておらず、ツイッターには火災現場となった小岩駅前の様子を撮影した動画や写真が投稿されており、爆発音が聞こえたとの情報も寄せられています。

小岩駅のトイレ付近で沿線火災発生、トイレの外壁と廃材など5平方メートルが燃える被害

小岩駅付近で火事・火災 トイレの外壁と廃材が燃える被害 沿線火災の影響で中央線と総武線で一時運転見合わせ

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。