台東区日本堤のセブンイレブンで強盗事件 乗村猛容疑者を女性店員の脇腹を刺して現金奪った疑いで逮捕

台東区日本堤のセブンイレブンで強盗事件 乗村猛容疑者を女性店員の脇腹を刺して現金奪った疑いで逮捕

東京都台東区日本堤2丁目のコンビニ「セブンイレブン 台東日本堤2丁目店」で6月4日夕方、無職の乗村猛(のりむらたける)容疑者が店内に押し入る強盗事件強盗致事件)が起き、事件当時レジにいた31歳の女性店員が左脇腹を包丁で刺されて負傷しました。乗村猛容疑者は逃走した後、路上で身柄を確保され現行犯逮捕されました。

コンビニ強盗が起きた場所は明治通り(都道306号)と都道464号が交わる泪橋(なみだばし)交差点の南西に建つセブンイレブンとみられています。

以下、台東区日本堤2丁目の「セブンイレブン 台東日本堤2丁目店」で起きた強盗致傷事件に関する詳細情報です。

東京都台東区日本堤のセブンイレブン台東日本堤2丁目店で強盗事件発生、女性店員が包丁で刺され負傷

コンビニ強盗が店内に押し入り、女性店員が包丁で脇腹を刺されたこの強盗事件(強盗致傷事件)は6月4日午後3時半頃、東京都台東区日本堤2丁目のコンビニ「セブンイレブン 台東日本堤2丁目店」に台東区清川の無職・乗村猛(のりむらたける)容疑者(66)が押し入り、レジにいた31歳の女性店員の左脇腹を包丁で刺して現金5万円を奪った事件です。

乗村猛容疑者は女性店員を包丁で刺した後、当時店内に居た店長に指示してレジ袋の中にレジ内の現金・約5万円を入れさせ袋を奪って逃走しました。

「男がレジで包丁を出して金を出せと言っている」という通報で駆け付けた警察官が、現場から約50メートル離れた路上で刃物を持って歩いていた乗村猛容疑者を発見。事件への関与を認めたため、強盗致傷容疑で現行犯逮捕しました。

包丁で左脇腹を刺された女性店員は病院に搬送されましたが命に別状はなく、意識もハッキリしているということです。逮捕された乗村猛容疑者は警察の調べに対して「金がなかった」と供述し容疑を認めています。

コンビニ強盗が起きた場所は明治通り(都道306号)と都道464号が交わる泪橋交差点の南西に建つコンビニ「セブンイレブン 台東日本堤2丁目店」です。

強盗事件が起きたセブンイレブン 台東日本堤2丁目店:東京都台東区日本堤2丁目29−13
(強盗事件が起きたセブンイレブン 台東日本堤2丁目店:東京都台東区日本堤2丁目29−13)

東京都台東区日本堤のセブンイレブンで強盗事件発生、女性店員が刃物で刺され負傷…Twitterの声

台東区日本堤のセブンイレブンで強盗事件 乗村猛容疑者を女性店員の脇腹を刺して現金奪った疑いで逮捕