ガールズバー「BaR Noa」で女子中学生を働かせた疑い 店長の少年を逮捕 男子高校生も経営に関与?

ガールズバー「BaR Noa」で女子中学生を働かせた疑い 店長の少年を逮捕 男子高校生も経営に関与?

大阪市中央区心斎橋筋のガールズバー「BaR Noa」(バーノア)で当時14歳の女子中学生を働かせた疑いで、自称作業員の18歳の少年(氏名非公表)が労働基準法違反(最低年齢)の疑いで逮捕される事件が起きました。摘発されたガールズバー「BaR Noa」の経営には大阪府内に住む17歳の男子高校生も関与していたとみられ、警察が詳しく調べています。

今年4月頃に客引きをしていた少女を現行犯逮捕したところ14歳の中学生と分かり、摘発されたガールズバーで働いていたことが判明し警察が捜査を開始。

5月29日にガールズバーを摘発し、経営者の18歳の少年を当時14歳の女子中学生を働かせた疑いで逮捕。ガールズバーには当時、女子中学生ら5人が従業員として働いていた模様。

以下、14歳の女子中学生をガールズバーで働かせた疑いで18歳の少年が逮捕された事件に関する詳細情報です。

大阪市中央区心斎橋筋のガールズバー「BaR Noa」(バーノア)で女子中学生5人を働かせた疑い、18歳の少年を逮捕

大阪市内の女性が接客するガールズバーで当時14歳の女子中学生を働かせた疑いで18歳の少年が逮捕されたこの事件は今年4月上旬から中旬頃にかけ、大阪府大阪市中央区心斎橋筋のガールズバー「BaR Noa」(バーノア)で当時14歳だった中学生3年生の女子生徒を雇い、路上で客引き行為などをさせた疑いでBaR Noaが摘発された事件。

店の店長は大阪府内在住で自称作業員の18歳の少年(氏名非公表)で、労働基準法違反(最低年齢)の疑いなどで5月29日に逮捕されました。

摘発されたBaR Noaでは女子中学生5人前後が従業員として働いており、今年4月に客引きをしていた少女を大阪府の迷惑防止条例違反で現行犯逮捕したところ、14歳の中学生(中学3年)と明らかになり、摘発されたガールズバーで働いていたことが判明。

このガールズバー「BaR Noa」は逮捕された18歳の少年と大阪府内に住む17歳の男子高校生(氏名非公表)が経営していたとみられており、高校生についても捜査を進める方針だという。

働いていた女子中学生は客に対し「(ガールズバーで働いている女の子は)最低で20歳、最高が22歳かな」などと話していたが、実態とは大きく異なっていたことが伺える。

ガールズバー「BaR Noa」(バーノア)で女子中学生を働かせた疑い、18歳の少年を逮捕 男子高校生も経営に関与か…Twitterの声

ガールズバー「BaR Noa」で女子中学生を働かせた疑い 店長の少年を逮捕 男子高校生も経営に関与?

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。