大阪府八尾市萱振町で星の光幼稚園の送迎バスが交通事故 案内標識なぎ倒し園児ら8人が負傷

大阪府八尾市萱振町で星の光幼稚園の送迎バスが交通事故 案内標識なぎ倒し園児ら8人が負傷

大阪府八尾市萱振町3丁目の直線道路で5月30日朝、松原市の星の光幼稚園の送迎バスが歩道に乗り上げ道路の案内標識をなぎ倒す交通事故が起きました。この事故で送迎バスに乗っていた星の光幼稚園の園児6人と65歳の男性運転手、52歳の添乗員の女性の8人全員が病院へ搬送されるなどしています。警察が事故原因について詳しく調べています。

事故を起こした星の光幼稚園の送迎バスは進行方向の左側の歩道と植え込みに乗り上げており、衝突した案内標識が道路に倒れるなどの被害が確認されています。

バスのフロントガラスも粉々に割れていることから、スピードの出し過ぎが事故の原因の可能性も考えられるとして警察が詳しく調べていましたが、バスを運転していた65歳の男性運転手の体調が急変し付き添いで乗っていた女性がハンドルを操作していたことが判明しました。

以下、大阪府八尾市萱振町の道路で星の光幼稚園の送迎バスが起こした事故に関しての詳細情報です。

(5月30日午後7時頃に追記)

大阪府八尾市萱振町3丁目で幼稚園の送迎バスが歩道に乗り上げる事故発生、園児6人と運転手ら8人がケガ

園児6人が乗った送迎バスが歩道に乗り上げるなどして起きたこの事故は5月30日午前8時頃、大阪府八尾市萱振(かやふり)町3丁目の道路で松原市にある「星の光幼稚園」の送迎用バスが歩道に乗り上げ植え込みに突っ込んだ事故で「幼稚園の送迎バスが歩道に乗り上げている」と消防に通報があり発覚したものです。

交通事故を起こした星の光幼稚園の送迎バスには5歳の男児6人と65歳の男性運転手、添乗員の52歳の女性の合わせて8人が乗っており、事故後に全員が救急搬送されています。

病院で手当てを受けており、園児と添乗員は軽傷ということですが、バスを運転していた男性が骨折している恐れがあり、病院への搬送前には意識が朦朧とした状態で事故については「良く覚えていない」と話している模様。

植え込みに突っ込んだバスは道路上に設置された案内板の支柱に衝突しており、この衝撃で支柱が折れ曲がり案内標識をなぎ倒して道路の一部を塞ぐなどしています。

警察が事故の原因を詳しく調べていますが、事故現場の道路は片側1車線の直線道路で何らかの理由でバスが左に寄りすぎて植え込みに乗り上げたということですが、運転手の回復を待って事故当時の状況や事故の経緯について事情を聴く方針だということです。

その後の調べで、送迎バスに付き添いで同乗していた52歳の女性が65歳の男性運転手の異変に気付き、ハンドルを操作していたことが判明。男性運転手が送迎バスの運転中に体調が急変したことが事故の原因の可能性が高いとみて、詳しく調べています。

事故を起こした星の光幼稚園の送迎バス:大阪府八尾市萱振町3丁目
(事故を起こした星の光幼稚園の送迎バス:大阪府八尾市萱振町3丁目)

大阪府八尾市萱振町で星の光幼稚園の送迎バスが交通事故…Twitterの声

[ad-4]
大阪府八尾市萱振町で星の光幼稚園の送迎バスが交通事故 案内標識なぎ倒し園児ら8人が負傷