大阪市住吉区で殺人未遂事件 武広文容疑者が男性の頭を踏みつけて殺そうとした疑いで逮捕 犯行後に逃走続けるも出頭

大阪市住吉区で殺人未遂事件 武広文容疑者が男性の頭を踏みつけて殺そうとした疑いで逮捕 犯行後に逃走続けるも出頭

大阪市住吉区杉本1丁目の路上で5月26日夜、近くのマンションに住む無職・武広文(たけひろふみ)容疑者が同じマンションに住む柴田照雄さんに暴行を加えた上、頭を踏みつけるなどして意識不明の重体にした殺人未遂事件が起きており、現場から逃走していた武広文容疑者28日に出頭し29日に殺人未遂容疑で逮捕されました。

2人は現場近くの同じマンションに住んでおり、近隣トラブルから事件に発展した可能性が高いとみられており「以前から男性(柴田照雄さん)に悪口を言われていた」などと供述している模様。

現場からは自転車で逃走する人物が目撃されており、警察が容疑者の行方を追っていましたが「いずれは捕まると思った」などと話しながら出頭したとみられています。

以下、大阪市住吉区杉本の路上で起きた殺人未遂事件に関する詳細情報です。

大阪市住吉区の路上で殺人未遂事件、武広文容疑者が同じマンションに住む柴田照雄さんに暴行加え殺害しようとした疑いで逮捕

路上で同じマンションに住む77歳の男性の頭を踏みつけるなど暴行を加え現在も意識不明の重体になっている殺人未遂事件が5月26日午後6時50分頃に起き、犯人とみられる男が自転車で逃走を続けていましたが、28日午後2時半頃に大阪市住吉区杉本1丁目のマンションに住む無職・武広文(たけひろふみ)容疑者(65)が大阪府警住之江署に出頭。

武広文容疑者は同じマンションに住む顔見知りだった柴田照雄さん(77)に暴行を加え、脳挫傷や硬膜下血腫などのケガを負わせた疑いがもたれており、現在も意識不明の重体で入院しています。

事件現場の路上から逃走していた人物は黒っぽい自転車で逃走する姿が目撃されており、警察が行方を追っていましたが、武広文容疑者が出頭し「以前から男性に悪口を言われていた」「男性の顔を殴って頭を踏みつけた」と容疑を認める供述をしたため、29日に殺人未遂容疑で逮捕したものです。

また、殺意に関しては「殺すつもりはなかった」と否定していますが、2人の間には以前から近隣トラブルが起きていたとみられており、警察が事件の経緯を詳しく調べています。

武広文容疑者は「いずれは捕まると思った」などと話していますが、事件現場から逃走した理由については明らかになっていません。

柴田照雄さんが武広文容疑者から暴行された事件現場の路上:大阪市住吉区杉本1丁目
(柴田照雄さんが武広文容疑者から暴行された事件現場の路上:大阪市住吉区杉本1丁目)

大阪市住吉区杉本1丁目の路上で殺人未遂事件発生、武広文容疑者を逮捕…Twitterの声

大阪市住吉区で殺人未遂事件 武広文容疑者が男性の頭を踏みつけて殺そうとした疑いで逮捕 犯行後に逃走続けるも出頭

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。