山陽新幹線車内の放火事件で渡辺保弘容疑者を逮捕 みずほ615号の1号車内で放火 白髪交じりの犯人が撮影される

山陽新幹線車内の放火事件で渡辺保弘容疑者を逮捕 みずほ615号の1号車内で放火 白髪交じりの犯人が撮影される

岡山県岡山市内を走行中の山陽新幹線のみずほ615号車内で5月26日午前、神戸市東灘区に住む渡辺保弘容疑者が1号車の車内で持っていた紙に火を付ける放火事件があり、岡山駅で降ろされた上で放火未遂の疑いで現行犯逮捕されました。逮捕された80歳の男は「岡山駅に着きそうだったので火を付けた」と意味不明な供述をしています。

渡辺保弘容疑者は小倉行きの切符を持っており、岡山市内の岡山駅に到着する前で座っていた1号車窓際の席で持っていた書類に火を付け周りの乗客に取り押さえられました。

この放火事件の影響で山陽新幹線はみずほ615号の運転を打ち切り、後続の列車にも遅れが出ていましたが、午後2時現在で平常通りのダイヤに戻っています。

警察が逮捕した渡辺保弘容疑者から火を付けた動機について追及しており、事件当時の詳しい状況についても詳しく調べを進めている。

以下、山陽新幹線の車内で起きた放火事件に関する詳細情報です。

岡山県岡山市内を走行中の山陽新幹線車内で放火事件発生、80歳の渡辺保弘容疑者を現住建造物等放火未遂の疑いで逮捕

走行中の新幹線車内の1両目に座っていた80歳の男が持っていた書類に火を付けたこの放火事件は5月26日午前11時10分頃、岡山県内を走行中のJR山陽新幹線の下り・新大阪発鹿児島中央行き「みずほ615号」(8両編成)の乗客から「男が持っていた紙にライターで火を付けた」と警察に通報があり事件が発覚。

男がライターで付けた火は他の乗客によって消火され、神戸市東灘区在住の無職・渡辺保弘容疑者(80)が岡山駅に駆け付けた警察官に身柄を確保された後、放火未遂の疑いで現行犯逮捕され「岡山駅に着きそうだったので火を付けた」と供述。小倉行きの切符を持っていた模様。

容疑者とみられる白髪交じりの男:岡山駅で聴取
(容疑者とみられる白髪交じりの男:岡山駅で聴取)

逮捕された男は自称・神戸市内の住む80歳の男で、ツイッターに投稿された現場写真に写っている白髪交じりの男とみられており、岡山駅で警察官から「なんで火を付けたのか」「どこから来たのか」などと動機に関して聴取を受け、意味不明な回答をしていたということです。

この放火事件で山陽新幹線「みずほ615号」は運転を打ち切られ、乗っていた他の乗客は全員岡山駅で降りた上で後続の新幹線に乗り換えるなどの影響が出ていますが、ケガ人は出ていません。

車内で放火された新幹線の車両は現在、岡山市内の車両基地に移動され警察が詳しく調べています。また、この事件の影響でほかの下り列車の一部にも遅れが発生しています。

警察が逮捕した渡辺保弘容疑者から詳しい話を聴いており、車内で火を付けた動機などについて追及を進めています。

山陽新幹線車内の放火事件で渡辺保弘容疑者を逮捕、岡山駅に着きそうだったので火を付けたと供述…Twitterの声

山陽新幹線車内の放火事件で渡辺保弘容疑者を逮捕 みずほ615号の1号車内で放火 白髪交じりの犯人が撮影される