相模原市宮下本町の殺人事件で宮城弘之容疑者を逮捕・送検=知人男性を殺害、妻を刺し自殺図った夫を逮捕へ

相模原市宮下本町の殺人事件で宮城弘之容疑者を逮捕・送検=知人男性を殺害、妻を刺し自殺図った夫を逮捕へ

今月2日夜から3日未明にかけ、神奈川県相模原市中央区宮下本町の住宅で男女3人が血だらけの状態で見つかり、この家に住む炭竃浩司さんが殺害された殺人事件の犯人・宮城弘之容疑者が殺人容疑で逮捕され、5日朝に送検されました。宮城容疑者は炭竃さんと34歳の自分の妻を刺したあと自殺を図り重傷でした。

相模原市内の住宅で起きたこの殺人事件の概要は、10月2日午後11時40分から3日午前1時頃にかけ、相模原市中央区宮下本町の住宅で、刺し傷のある男女3人が近隣住民の通報で発見。この家に住む炭竃浩司(すみかま こうじ)さん(42)が殺害され、緑区久保沢に住む会社員・宮城弘之容疑者(34)と同容疑者の妻(34)が血を流した状態で発見された。

その後の調べで、宮城容疑者が炭竃さんを殺害したあと、2階の寝室にいる妻を刺し、その後、自分の首を刺し自殺を図ったとみられています。

宮城容疑者と妻が倒れていた場所の傍には包丁が数本落ちていたといい、逮捕された宮城容疑者は警察の調べに対し「炭竃さんと妻を刺した」と容疑を認める供述をしている。

宮城容疑者は事件前、自分の妻が知人だった炭竃さんの家に居ることを知り、包丁を持って押し掛け、2人を襲ったとみられています。なぜ宮城容疑者が2人を殺害しようと思ったのかはこれから明らかになりますが、妻と炭竃さんが不倫関係にあり、炭竃さんの自宅にいることを知った宮城容疑者が逆上し、押し掛けた可能性が高い。

警察は男女関係のトラブルの可能性が高いとみて、事件当時の詳しい状況や犯行動機などを厳しく追及する方針です。

相模原市で殺人事件 男女3人が死傷=住宅の住人男性が死亡、夫が妻と知人を刺し自殺図ったか

2016.10.03

相模原市中央区宮下本町の殺人事件で犯人逮捕…Twitterの反応

相模原市中央区宮下本町の殺人事件現場と周辺地図

この殺人事件の現場となった現場は、殺害された炭竃浩司さんが住む一軒家。事件現場はJR横浜線の橋本駅から東に1キロ余り離れた閑静な住宅街の一角です。

7月26日未明、植松聖容疑者が起こした神奈川県相模原市内の障害者支援施設「津久井やまゆり園」で起きた、戦後最悪の被害者数を出した(大量)連続殺人事件で揺れる相模原市内で再び起きてしまった殺人事件の犯人が逮捕・送検されました。

殺人の容疑で逮捕されたのは宮城弘之容疑者で、自分の妻と知人だった炭竃浩司さんを刃物で刺し、炭竃さんを殺害した疑いがもたれています。

妻の不倫に腹を立て犯行に及んだとみられており、犯行動機など詳しいことは取り調べで明らかになると思われます。

相模原市宮下本町の殺人事件で宮城弘之容疑者を逮捕・送検=知人男性を殺害、妻を刺し自殺図った夫を逮捕へ

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)