敷島製パン「パスコ東京多摩工場」で事故 女性従業員が機械に挟まれ重体 ベルトコンベヤーの清掃中に事故発生

敷島製パン「パスコ東京多摩工場」で事故 女性従業員が機械に挟まれ重体 ベルトコンベヤーの清掃中に事故発生

東京都昭島市武蔵野の敷島製パンのパン工場「パスコ東京多摩工場」で5月11日午前、製造工程のベルトコンベヤーの清掃を行っていた22歳の女性従業員が機械に挟まれ意識不明の重体となっている痛ましい事故が起き、警察が事故原因などについて詳しく調べています。

事故に遭った女性従業員が焼き上がったパンを冷やす工程のベルトコンベヤーの清掃作業をしていたところ、急にベルトコンベヤーが動き出し挟まれたということで、通報で救急隊員が駆け付けた時には機械と部屋の内壁に挟まれ血を流した状態だったという。

以下、敷島製パンの工場「パスコ東京多摩工場」で女性従業員が機械に挟まれた事故に関する詳細情報です。

東京都昭島市武蔵野のパン工場「パスコ東京多摩工場」で女性従業員が機械に挟まれる事故発生、ベルトコンベヤーが動き出す?

パン工場のベルトコンベヤーを清掃していた従業員の女性が首から下の上半身を挟まれるなどして意識不明の重体になっているこの事故は、5月11日午前9時半過ぎ、東京都昭島市武蔵野の敷島製パン・パスコ東京多摩工場の中で清掃作業をしていた22歳の女性従業員が機械に挟まれた事故です。

事故は焼き上がったパンを冷やす「ブレッドクーラー室」で起き、事故に遭った22歳の女性は清掃を行うために3層になった機械の中に入っていたところ、何らかの理由でベルトコンベヤーが動き出し挟まれたとみられている。

「従業員が機械に挟まれた」と消防に通報があり、駆け付けた救急隊員が機械と部屋の内壁に挟まれ血を流している女性を発見し病院に搬送しましたが、上半身を機械に挟まれており意識不明の重体で治療を受けています。

事故起きたパン工場「パスコ東京多摩工場」では、大手製パンメーカー「敷島製パン」のブランド「パスコ」などを製造しており、警察がベルトコンベヤーが動き出した理由など事故原因について詳しく調べています。

女性従業員が機械に挟まる事故が起きたパスコ東京多摩工場:東京都昭島市武蔵野2丁目
(女性従業員が機械に挟まる事故が起きたパスコ東京多摩工場:東京都昭島市武蔵野2丁目)

敷島製パンのパン工場「パスコ東京多摩工場」で事故発生…Twitterの声

敷島製パン「パスコ東京多摩工場」で事故 女性従業員が機械に挟まれ重体 ベルトコンベヤーの清掃中に事故発生

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。