奈良県上牧町で殺人事件 介護施設「こころ上牧」に入所する森本ミツヱさんが絞殺され遺体発見 施設内で事件

奈良県上牧町で殺人事件 介護施設「こころ上牧」に入所する森本ミツヱさんが絞殺され遺体発見 施設内で事件

奈良県上牧町介護施設(介護老人保健施設)「こころ上牧」の施設内で5月10日未明、94歳の高齢入所者・森本ミツヱさんが首を絞められ殺害されているのが見つかる 殺人事件 がありました。絞殺された女性は司法解剖の結果、死因が窒息死と判明し殺人事件と断定。事件現場の介護施設は夜間、施錠され誰かが侵入した形跡は見つかっていない。

首を絞められ殺害された森本ミツヱさんは10日午前1時に施設職員が夜間の見回りをした時はベッドの上で寝ているのが確認されており、2時間後の午前3時過ぎに再び見回りをした際、ベッドの下の床に倒れているのが見つかり通報で駆け付けた救急隊が死亡を確認。

死亡推定時刻の午前0時から3時頃にかけて何者かが女性の首を絞めて殺害したとみられているが、事件現場の施設は午後6時以降は施錠されるため外部からの侵入は難しい。警察が事件の経緯や施設関係者から話を聴くなど捜査を進めています。

事件現場はアピタ西大和店近くに建つ5階建ての介護施設です。

以下、奈良県上牧町の介護施設「こころ上牧」で94歳の女性が殺害された殺人事件に関する詳細情報です。

(5月11日午後11時頃に追記)

奈良県上牧町の介護老人保健施設「こころ上牧」で殺人事件、森本ミツヱさんが施設内で首を絞められ殺害される事件発生

介護老人保健施設に入所する97歳の高齢女性が首を絞められ殺害されベッド脇で遺体が見つかったこの殺人事件は5月10日午前3時20分頃、奈良県北葛城郡上牧町上牧の介護老人保健施設「こころ上牧」に入所している森本ミツヱさん(97)が自室のベッド脇に転落しているのを巡回していた職員が発見。

「入所者の女性の心臓が止まっている」と消防に通報した上で施設に常駐している看護師が救命措置を施しましたが、通報で駆け付けた救急隊が森本ミツヱさんの死亡を確認しました。その後、遺体の司法解剖を行った結果、死因は首を絞められたことによる窒息死と判明。

奈良県警は遺体に窒息したことを示す「溢血点」と呼ばれる血の斑点が眼球から見つかったことや、施設が夜間(午後6時以降)は施錠され外部から入るにはインターホンで職員を呼ぶ必要があるなど、侵入が難しいことなどから殺人事件と断定し捜査を開始。

入所者の女性が殺害され殺人事件の現場となった介護老人保健施設「こころ上牧」では職員が夜間、2時間間隔で施設内の見回りを行っており、森本ミツヱさんがベッドから転落し死亡しているのが見つかった約2時間前の午前1時頃に職員が巡回した際、ベッドの上で寝ていたのが確認されている。

こころ上牧の施設内で首を絞められて殺害された森本ミツヱさんは2010年1月頃に入所し施設4階の部屋で暮らしていました。ベッドには転落防止用の柵が付いていましたが、発見当時、森本ミツヱさんの遺体は左側を向いて床に横たわっていた模様。現場に争ったような跡はなく、普段は車椅子で生活していたことが分かっています。

これまでに女性が殺害された午前0時から午前3時頃の間に施設の窓ガラスが割れるなど何者かが外部から侵入した形跡は見つかっておらず、施設関係者の犯行の可能性も考えられる。警察が施設の関係者などから話を聴くなどして、不審な人物がいなかったかどうか捜査を進めている。

事件当時、施設の各階(1~5階)には介護職員が1人ずつ配置されており、看護職員1人が全フロアを巡回していた。森本ミツヱさんが入所していた4階にも介護職員1人が居た模様。

また、各階を移動するにはエレベーターか階段を使う必要があるが施錠されており、暗証番号は職員しか知らないため、他のフロアの入所者が4階に移動するのは難しかったとみられる。

この殺人事件が起きた介護施設「こころ上牧」は県道253号沿いに建つ5階建ての施設で、南西にはアピタ西大和店などの商業施設がある場所。

犯人逮捕など続報や最新情報があれば追って更新していく予定です。

殺人事件現場の介護老人保健施設「こころ上牧」:奈良県上牧町上牧2768−2
(殺人事件現場の介護老人保健施設「こころ上牧」:奈良県上牧町上牧2768−2)

奈良県上牧町の介護施設「こころ上牧」施設内で殺人事件発生、高齢女性が絞殺される…Twitterの声

奈良県上牧町で殺人事件 介護施設「こころ上牧」に入所する森本ミツヱさんが絞殺され遺体発見 施設内で事件