広島県警広島中央署で窃盗事件 金庫から現金8572万円盗まれる 詐欺事件で押収した証拠品 内部犯の可能性も視野に捜査

広島県警広島中央署で窃盗事件 金庫から現金8572万円盗まれる 多額詐欺事件で押収した証拠品 内部犯の可能性も視野に捜査

広島県広島市中区基町の広島県警 広島中央警察署で5月8日夜、署内の金庫に保管していた証拠品の現金8572万円が盗まれた窃盗事件があり、県警は警察署に勤務する約350人の署員が盗んだ内部犯行の可能性も視野に捜査を進める方針を固めた。現金が保管されていた金庫の場所や施錠の有無については「捜査に支障がある」として発表していません。

窃盗団などが警察署に侵入し金庫を開けた上で現金8572万円を運び出すというのは一般的に考えて難しいと思われるため、内部犯による犯行の可能性が高いとみられる。

この広島中央署から多額の現金が奪われた事件に関心を持つ人が多いようで、「間違いなく内部犯だろ」「広島県警何やってんだよ」「身内の犯行だよね」といった声が相次いで寄せられている状況。

以下、広島県警 広島中央警察署の金庫から現金8572万円が盗まれた窃盗事件に関する詳細情報です。

広島県警・広島中央署で多額窃盗事件、金庫内の証拠品 現金8572万円が何者かに盗まれ捜査

警察署の金庫に保管していた多額の現金が何者かに盗まれたこの多額窃盗事件は、5月8日午後8時頃、広島県広島市中区基町9丁目の広島中央警察署の署内で起きた事件で、多額詐欺事件の証拠品として押収し金庫に保管していた現金8572万円が盗まれたものです。

警察は事件が起きてから1日経った5月9日午後6時前に現金が盗まれたことを発表しましたが、これまでに8572万円が保管されていた金庫の場所や施錠の有無についてなど、詳しいことは「捜査に支障がある」として明らかにしていません。

現金を盗んだ容疑者に目星が付いているのがなども不明ですが、広島県警は内部犯による犯行の可能性も視野に窃盗容疑で捜査を開始。警察署から多額の現金が奪われる事件が起きてしまったことを受け、市民らからは怒りや呆れの声が聞かれる状況です。

事件現場となった広島県警・広島中央署は広島市内の中心部に位置しており、広島県警本部と同じ敷地内に建つ地上5階、地下1階建ての警察施設。

これまでに奪われた現金の行方は分かっていない。

広島県警広島中央署で窃盗事件発生、金庫から現金8572万円が盗まれる…Twitterの声

[ad-4]
広島県警広島中央署で窃盗事件 金庫から現金8572万円盗まれる 多額詐欺事件で押収した証拠品 内部犯の可能性も視野に捜査