東京医科歯科大学病院で殺人未遂事件 歯科医師が大学生に刃物で刺され負傷 歯学部大学生の男を殺人未遂容疑で逮捕

東京医科歯科大学病院で殺人未遂事件 歯科医師が大学生に刃物で刺され負傷 歯学部大学生の男を殺人未遂容疑で逮捕

東京医科歯科大学付属病院で5月9日午前、日本医科大学に通う30歳の大学生・渡辺祐介容疑者が41歳の歯科医師の男性の腹を包丁で刺して殺害しようとした殺人未遂事件があり、大学生の男が殺人未遂容疑で現行犯逮捕されました。刺された男性医師は同病院で治療を受けており、意識はあるが重傷とみられています。

これまでに逮捕された30代の大学生の男の名前や住所などは公表されておらず、動機についても不明。刺された男性医師が東京医科歯科大学付属病院6階の処置室にいたところを襲われたということで、警察が事件当時の状況や経緯について詳しく調べています。

容疑者の氏名などが判明したので追記しています。

以下、東京医科歯科大学付属病院で起きた殺人未遂事件に関する詳細情報です。
(5月9日午後1時過ぎに追記)

渡辺祐介容疑者を逮捕 東京医科歯科大学病院の殺人未遂事件で日本医科大学医学部4年の大学生が逮捕される

2017.05.09

東京文京区の東京医科歯科大学付属病院で男性医師が大学生に刺される殺人未遂事件発生、男を現行犯逮捕

大学病院付属病院で男性医師が刃物で刺されたこの殺人未遂事件は、5月9日午前10時半過ぎ、東京都文京区湯島1丁目の東京医科歯科大学付属病院を訪れた日本医科大学の学生・渡辺祐介容疑者が41歳の歯科医師の男性を刃物(包丁)で刺して殺害しようとした事件です。

東京医科歯科大学から「ドクターが刃物で刺された」と警察に通報があり事件が発覚。刃物で刺された男性医師は首や腹を刺され同病院(東京医科歯科大学病院)で治療を受けていますが、意識はある状態だという。詳しい容体については分かっていません。

通報で現場に駆け付けた警察官が血を流して負傷する医師を保護した後、事件現場となった日本医科大学に通う30歳の学生の男の身柄を確保し、殺人未遂容疑で現行犯逮捕しました。

医師が病院6階の処置室にいたところ、自称・日本医科大学の学生・渡辺祐介容疑者が部屋の中に入ってきて医師を刃物で刺したということです。歯科医師の男性を刃物で刺した30歳の大学生の男は東京医科歯科大学の学生とみられていましたが、その後の調べで日本医科大学の学生と判明。

41歳の男性医師を包丁で刺した動機は明らかになっておらず、何らかのトラブルから事件に発展した可能性もあるとみて捜査が進められています。

殺人未遂事件が起きた東京医科歯科大学付属病院はJR御茶ノ水駅前。

この殺人未遂事件に関して、続報や最新情報があれば追って更新していく予定です。

殺人未遂事件が起きた東京医科歯科大学病院:東京都文京区湯島1丁目
(殺人未遂事件が起きた東京医科歯科大学病院:東京都文京区湯島1丁目)

東京医科歯科大学付属病院で殺人未遂事件発生、40代の男性歯科医師が30代の大学生に包丁で刺され重傷…Twitterの声

東京医科歯科大学病院で殺人未遂事件 歯科医師が大学生に刃物で刺され負傷 歯学部大学生の男を殺人未遂容疑で逮捕